ありがたい

以前

テレビで見た話を

ご紹介します。



重度の障害を持つ

女の子の話



中学生の女の子。

体の大きさは3歳ぐらい。


人の4倍のスピードで年をとっていく。


目がほとんど見えない。


耳もほとんど聞こえない。


歩くことも難しい。


そんな中

懸命に育てられているお母さんの姿


ただただ涙が止まりませんでした。


レポーターの方が、お母さんに

「なんでいつも笑顔なんですか?」



お母さんは、


「子どもは、敏感だから、

私が機嫌が悪いと、

すごく悲しい顔でオドオドしてしまう。

でも、私が笑ってると、

娘も笑う。


同じ時間を過ごすなら、

笑って楽しい時間を過ごさせてあげたい。」



「他の人の価値観はわからないけど、

私は、娘が笑ってくれるだけで

幸せを感じられるから。」

ーーーーー



素晴らしいお母さんだな〜と

思いました。

僕は

ついついちょっとしたことで、

子どもに対して、

イライラしたり、

感情的に怒鳴ってしまったり。。。。





一緒にいられること。

健康でいてくれること。

生きていてくれること。

生まれてきてくれたこと。

決して当たり前じゃないですね。


子供が産まれてくる瞬間


五体満足で産まれてくるだけで、良いから、
無事に産まれてきて欲しいと願います。


いつしか時が流れ

産まれて生きている事が

当たり前になり、

いつしか、

あぁせい、こうせいと、

もっと、もっと、を

望んでいる。

違うよね。


今、がある事が

ありがたい事

今、を、まずは受け入れないと。


ありがたいとは、

有り難いと書きます。

有る事が、難しい事。

すべては、有り難い事
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-27 23:51