2012年 02月 14日 ( 1 )

仕事を選ぶ人


最近、特に思う事がある。


それは


『仕事を選ぶ人が、多い!』


という事。



プログラムの開発。という仕事は


一言で、何ができれば良い。というものはない。


これが、また、ややこしくしている。



まったく経験もないのに
「WEB系のシステムがやりたくて」

まったく努力もしていないのに
「アンドロイド開発がやりたくて」


独学でも、自習でも
何でもよいので、自分でチャレンジして
「これこれ、こういうふうに技術を身に付けました。
 これを活かして、実業務に携わりたくて」

と、言って欲しいものです。


過去に、求人をしていると


記憶にあるだけで、3名ですね。


まったくの未経験ながら、
自分自身で独学で作成したプログラムを見せてくれたのは。


まさに自分プレゼンです。


そして、やはり、優秀でした。


未経験だという事を忘れて
あれこれ、多くを求めすぎて、
かわいそうな事になった人も居ましたが、
やはり、こういうタイプの人は優秀です。
どこに行っても、大丈夫だと思います。


しかし、最近は、本当に「仕事を選ぶ」人が多い。



年明けてから、いま、

うちの社内は、

社内開発が活発です。


かなりの業務負荷量になってきています。



当然、人員不足なので、パートナーさんを探しています。

社内で従事してもらうのですが



『(某T市)からだと遠いので、お断りします』

『最初の2週間は、残業なしでよいですか?』

『自分のやりたい事があるので
 (当初2ヶ月といっていましたが)
 1ヶ月だけでお願いできませんか?』

『自分には、スキル不足なので
 ご迷惑をおかけするまえに、やめておきます』

『輪番の土日対応はしたくありません』

『月1度の夜勤対応があるなら、
 その仕事は請けたくありません』


こんな感じの技術者が、立て続けに出てきました。


はぁぁぁぁぁつ!



うちの営業さんも、

最近、この手の技術者ばかりに会って

そうとう嫌気がさしている感じです。



まったく、困った世の中です。


まぁ。その人たちは、それで良いのでしょうから

そのまま一生過ごしてもらえば、かまいません。




でもね。




どっちが良いか、悪いかではなく。


どっちが得か?で考えると良いよね。




私は、独りで独立した身です。

もちろん、最初は仕事を選んではおれません。

いまでこそ、仕事を選ぼうと思えば選べます。

でも、

心情としては、

依頼がきた仕事は断りません。

そら、そうですよ。

うれしいですもの。

たとえ、力量不足かな?と思っても

一生懸命、やりますよ。

それこそ、寝食を忘れて

残業代なんていうチャチな見返りではなく

信用という

大きなものを得るためにやってきました。



結果的に


その方が、得だよね?




そして、




結果的に


お客さんの方から


そもそも、できそうにない仕事は


お願いしてくることはありません。




つまり、仕事ってのは、

選んでいては、

何も得られないのです。



最近、本当に多い「仕事を選ぶ人」

どちらが良い・悪いではなく

どちらが『得』か?


そんな観点を持って欲しいものです。


もちろん、
うちの会社には、
そんな技術者は居ませんけどね。


いや。そんな技術者は
会社の理念に沿わないので
自然と
居心地が悪くなるようで、
自然退職していきます。


だからこそ、

この経営者の理念って、

大事だなぁ。と実感
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-14 15:12