<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

10月も終わり

10月が

終わります。



なんだか、

寂しくないですか?



夏が終わり

残暑と思っていた

中途半端な季節が終わり

いよいよ本格的な

冬に突入。


そんな感じが


しませんか?






ふゆ!


冬ーー!




間もなく蟹か解禁

間もなく忘年会の嵐

間もなく年越しの準備




まだ二ヶ月ありますけどね。




今年は

どうでした?



自分なりには

立ち直しの年。


原点を見つめなおす年。



そして

飛躍のきっかけの年。
(前年比130%!)


ガタガタしてますが

確実に

一歩進めています。



来年は、

五歩も

十歩も

進めていきます。



楽しみだな〜



そんな

月末。


酔っぱらってます





[PR]

by unionsoftware | 2011-10-31 23:46

日常の五心

ハイという素直な心
スミマセンという反省の心
オカゲサマという謙虚な心
ワタシガシマスという奉仕の心
アリガトウという感謝の心

 





[PR]

by unionsoftware | 2011-10-28 16:14

ハッピーバースデー

本日誕生日です。


って、言っても

自分で言うのは

なんだか

気恥ずかしいので

翌々日に

後追いでアップしました。



きっと、

このブログに

気づく人は

居ないと思いつつ


ちょっと

気づいて欲しいと

思いつつ。



人間って

そういうところ、

あるよね。



本音では
見て欲しいのに


恥ずかしさや
照れや
謙遜や

恐れや
不安や
勘違いや

そんな複雑な感情で

ついつい逆の事をする。



話を戻すと

誕生日といえば
我が社は
誕生日休暇というのが
ある。

誕生日は
家族と
彼女と、彼氏と
大事な人と
過ごして欲しい。


社員さんの
アイデアから生まれた
制度です。


昨年は休みましたが、
今年は、ITSS導入の
研修最終日があるので
平常運転。

夕飯は
家族と
子供達と、
そう思っていたが。


ちょっとトラブル

顧客要求により、
急遽、陣頭指揮を交代。


対応目処がついたから
なんとか12時前には
帰ったけど
もちろん子供達は寝ていた。
嫁さんとは、
少し話をすることができた。


散々な誕生日
という、話ではない。

想いとはうらはらに、
家族には申し訳ない事をしたが


実は、
嬉しい事が
いろいろあった。


社員さん夫婦から
お祝いを戴いた。


facebookを通じて
沢山、お祝いメッセージを
戴いた。


Facebookに至っては
0時に
メッセージを貰ってから
翌日0時を過ぎるまで


実に58人もの方から
メッセージを戴いた。


ま。


メッセージもらう度に
返事コメントを
出していたから

きっと友達登録している人は、
無視するのもな〜と
そう思っただけかも
しれません。


早々に
そこに気付きましたが

こちらも

同じ。

メッセージ貰って
なんだか無視するのもな〜

で、

メッセージには
必ずコメントを返す。

そう決めて

結果58人

直接メッセージを戴いた方もいるので
60人は超えてますね。


ふ。俺って人気あるじゃん。

って気持ちと


無視できずに
義理メッセージ強要しちゃったな。
って気持ちと


でもやっぱり嬉しい気持ちと


誕生日って
別に本人以外は
普通の日な訳で
小っ恥ずかしい気持ちと


いろんな気持ちが
渦巻きました。



でも

やっぱり

最初の話に戻りますが

本音の部分に

正直にならないといけませんね。




嬉しいぞーーー!

こんなに
いろんな人に
支えられ、
教えられ、
生きている事が


嬉しいぞーー!


あ。

もちろん

ワインを戴いた
社員さん夫婦


本当に
いつも、ありがとうございます。

赤が好き、と言ったら
今年は赤に、なりましたね。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
(。。。選挙ではない)


やっぱり
何よりも

家族と
社員さんに
支えられている事が

励みになります。



人生で成し遂げたい夢を
実現できる会社を
目指します。




。まる。
[PR]

by unionsoftware | 2011-10-27 23:59

自我

「自我」
つらいことが多いのは
感謝をしないからだ

苦しいことが多いのは
自分に甘えがあるからだ

悲しいことが多いのは
自分のことしか分からないからだ

心配することが多いのは
今をけんめいに生きていないからだ

行きづまりが多いのは
自分が裸になれないからだ





[PR]

by unionsoftware | 2011-10-26 08:13

ヒトの道

人の道

忘れてはならないもの「恩義」
捨ててはならないもの「義理」
人に与えたいもの「人情」
繰り返してはならぬもの「過失」
通してはならぬもの「我意」
笑ってはならぬもの「人の失敗」
聞いてはならぬもの「人の秘密」
お金では買えないもの「信用」




これ、、

ついつい


忘れがち
[PR]

by unionsoftware | 2011-10-25 13:03

命預けられるか?

大人気ドラマ


南極大陸


キムタクが主演

柴田恭兵やら

香川照之やら

堺雅人やら


豪華キャスト


何よりも


史実に基づいたドラマ


ってのが、


良いよね。


その中で


良いセリフがあった




1人が命懸けるんじゃなくて

みんなに

命を預けられなきゃ、

越冬なんかできない!



ってセリフ




会社も同じだよね。


いや、


経営者も同じだよね。




1人で命懸けてたって

みんなに

命預けられなきゃ。



そう思った。



自分は、


今の社員さん、、


誰なら、命預けられるか?


◯◯さん、◯×さん、▽さん


うん。


彼らには


命預けられるな。



うん。
[PR]

by unionsoftware | 2011-10-24 23:21

探偵

先日


ある探偵の話しを


聞いた



メインテーマは


リスク対策




横領

社内不倫

背任



ん〜なんだか

濃い話しになった。


でも、


良い事にも


気づかせてもらった。




信頼の上での

リスク対策と

信頼がない上での

リスク対策では

同じ対策でも

全然違うって事に。




リスク対策は

お互いが

信頼しあうために

するのだ。

管理だとか、

防衛とか、

そんな上から目線では

ダメだ。

なにかあったとき、

お互いが

お互いを

疑わなくて

済むために、

するのだ。




うん。


そうだ


例えば、

監視カメラひとつとっても


例えば

レジのお金の計算を

任せた上での

監視カメラと


任せず自分でするのに

付けた

監視カメラは

大きく意味が違う。


権限と責任を

与えた上での

リスク管理は


お互いの信頼を得るためのものとなる。
[PR]

by unionsoftware | 2011-10-20 22:22

どうでもいいが

クイックアンドデューティ


と、


打ち込もうとして


クイックルアンドデューティと


変換された


電子メモが


ずっと残っている。
[PR]

by unionsoftware | 2011-10-20 05:22 | つぶやき

サイゼリア

カンブリア宮殿から、

サイゼリア正垣氏の

母が送ってくれた言葉



【祈り】
大きなことを成し遂げるために力を与えて欲しいと神に求めたのに、
謙遜を学ぶようにと弱さを授かった

偉大なことができるように健康を求めたのに、
よりよいことをするようにと病を賜った

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の人の称賛を得ようとして成功を求めたのに、
得意にならないようにと失敗を授かった





全ての現象は最高の状態にあると、
よく言われた。

だから、全部自分のためにあると、
それを乗り越えて行けというだけの話。

自分のためにあるから
もう一度考えてみろと・・。


村上)
それって大事なことですよね
今の自分仕事にとって、
すごくジャマなものがある時に、
それをジャマだと思うのか、
それとも乗り越えるべきだと思うのかで
心構えが違いますものね。




。。。。ここまで





ん〜


素敵だ。


母は偉大だ
[PR]

by unionsoftware | 2011-10-19 23:18

オトナの世界

あるメルマガから

引用です。

〜〜〜

小児病棟に入院していた

「しゅんしゅん」という男の子のお話です


「しゅんしゅん」は

みんなから可愛がられ、慕われている男の子でした


彼はいつも自分の苦しみより

もっと幼い子どもを気づかう子でした


あるとき、そのしゅんしゅんに、一人の見舞い客が


「しゅんしゅんは大人になったら何になるの?」


とたずねました


病室は一瞬凍りつきます

将来がある可能性の低い子供を思って

重病の小児病棟はシーンと静まり返ります


その静けさを破る様に、しゅんしゅんは素直に答えました


「おまわりさん」


「彼ならきっと、立派な優しいおまわりさんになるだろう」


誰もがそう思いました


でもしゅんしゅんは大人になることなく


おまわりさんになる夢も果たすことなく


旅立って行きました


亡くなる前日

いつもは聞き分けの良いしゅんしゅんが

お母さんに何度もこうたずねたそうです



「ぼくの病気は治るの?


ぼく大人になって、おまわりさんになりたい…


大人になりたい」と…



その大人の世界に私達は今、

生きています


多くの人たちが何気なく過ごしているこの瞬間


それは、しゅんしゅんたちが


何としても手にしたかった…


しかし手に入らなかった…

夢の世界であり、未来の時間です


なにげなく過ごしてしまう時間

生きている事、この日常が

どれほどかけがえのないものか…


〜〜〜

しゅんしゅんは大人になるのが夢でした。

私たちは労せずして、しゅんしゅんのなりたかった大人になっています。

でもせっかくの人生を大切に生きているでしょうか?

人からしてもらうことを当然のようにして受け取り、
不平や不満を口にしては、
感謝の気持ちも表さないでいて、
私は満たされない、
つまらない、
死にたい、
という人がなんと多いことか。


今生きていること、
おいしいご飯が食べられること、
愛する家族といられること、
仕事があること、
友人がいること、
健康で一日無事に過ごせること。


全てが奇跡のようにありがたいことなのです。


〜〜〜


はっ!と、

考えさせられました。


これは、
実話です。


そうですよね。


なりたくても

なれなかった人もいる。



そんな大人の世界



嫌なことや

嫌なヒトは

確かにあるけれど、



メルマガにあるような

しゅんしゅん、達には

憧れの世界


。。。



僕たちは、

しゅんしゅんに

誇れる事を

しているだろうか?


身を改めようと


思ったメルマガでした
[PR]

by unionsoftware | 2011-10-18 08:22