<   2012年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

目的と手段


 1月が終わりました。

 2012年。

 12分の1が終わった。


 さて、みなさんは

 今年の目標は立てましたでしょうか?

 今年の目標に対して

 
 1ヶ月。どうだったでしょう?

 
 私、


 今年は改めて、ダイエット再開!


 数年前に、ダイエットに成功したのも束の間

 
 一瞬で10Kgリバウンドしています。

 
 なので、今年は!今年こそは!

 という事で、

 休肝日を週に2日。


 1月は、かろうじて達成しました。

 
 でも、




 以前も書きましたが

 そもそもの、本来の目的は、違うところにある。



 これ。大事です。



 ダイエットをする本来の目的は?

 もちろん、健康維持です。



 痩せることが目的ではなりません。

 やせる事は、手段です。




 同じことが
 
 仕事でも言える。




 私たちの仕事。

 オーダーメイドのソフトウェア開発ですが、

 プログラムを作る事が目的ではありません。

 本来の目的は?

 お客さんの実現したい事を

 プログラムを使って実現する事です。

 プログラムを作るというのは

 手段なのです。



 だからこそ、

 目的に沿った事をしなくてはいけません。


 つまり、

 技術的には、こうだから。とか
 こうするのが通例だから、とか

 そんな事は通用しません。

 
 お客さんの、本来やりたい事を
 きちんと理解して

 それを実現できるように

 プログラムを作る。


 それが、本来の姿なのです。

 だからこそ、

 お客さんとの対話が重要なのです。



 パソコンと向かう仕事ではなく

 ヒトと向かう仕事なのです。



 目的と手段。


 きちんと理解して

 行動すれば、

 自然と、全て上手くいくと思いませんか?


 明日から2月です。


 改めて、


 今、自分がとるべき行動の

 本来の目的は?

 と、問いかけてみてはいかがでしょう?





 
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-31 23:26

お休み

今日は一日


お休みを頂きました。



いや、



特に何か

予定があったわけではないのですが、



なんとなく。


ね。


なんとなく。



ここ二ヶ月


とにかく


ストレスの高い


仕事を抱えていましたので



ふと


気が抜けました。



わかりやすく言えば


充電のための


お休みです。



この、


充電のためのお休み。



結構、大事だと思います。


人はそれぞれ


自分なりの


ストレス解消方法があります。



この



ストレス解消方法が


上手である事



大切な要素です。


みなさんのストレス解消法


どんなのがありますか?


とかく、


今の世の中は


スタストレス社会です。



上手に発散しましょうね
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-30 23:59

嬉しかった

先日

あるお客さんと

見積もりの打ち合わせを


していた。


そのお客さんも


当然ですが


他社の相見積もりは取っていますので。


と。


もちろん、何も問題はないのですが


その後、


ふと



こんな事を教えてもらいました。



相見積もりとっている会社に

競合はどこですか?


と、聞かれて


ユニオンです。

といったら、


あそこには、

技術力も

値段も


かなわないんですよ。


厳しいですね


って、言っていましたよ。



!!!!!



ビックリしましたあ


でも

嬉しかったです


同業他社さんから


そんな評価を頂いているなんて!


かなり嬉しかったです。


もちろん

多少はリップサービスも

あると思いますが


嬉しかったです


中小企業の

エンドユーザーメインで

受託開発をして10年


もちろん


大変な事は多くあるのですが

それでも、

その10年

確実に

派遣メインの会社とは

差別化が

進んでいます。

野武士集団です。


最近

社員さんが増えてきて


この野武士魂が


薄れてきていて

少しさみしい感じがしていました。


原点に戻って

野武士として


頑張ります!
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-27 23:51

失敗の捉え方

失敗の捉え方


1.あなたの失敗は、あなたが失敗者であるということではなく、まだ成功していないということです。


2.あなたの失敗は、あなたが何も達成しなかったということではなく、何かを学んだということです。


3.あなたの失敗は、あなたが愚かな人だったということではなく、大きな目標をもっていたということです。


4.あなたの失敗は、あなたが恥をかいたということではなく、積極性をもっていたということです。


5.あなたの失敗は、あなたが無謀だったということではなく、もっと違った方法でしなければならなかったということです。


6.あなたの失敗は、あなたに能力がないということではなく、完全でなかったということです。


7.あなたの失敗は、あなたが人生を浪費したということではなく、ふたたび出発するチャンスがあるということです。


8.あなたの失敗は、あなたは諦めるべきだということではなく、一生懸命努力すべきだということです。


9.あなたの失敗は、あなたが完成できないということではなく、それはもう少し時間がかかるということです。


10.あなたの失敗は、あなたを神が見捨てたということではなく、神はもっとよい考えをもっているということです。
         
アメリカの牧師、ロバート・H・シュラー博士 −


出来事には、良い出来事も悪い出来事もなく、

自分で勝手に思い込んでいるだけなんですよね。


その思い込み方、出来事の捉え方で、人生が決まっていく。


捉え方って大切ですね。


『今日も
いいこと言って
いいことして
いいこと思って
いい人になろう』
(三重県伊勢市「修養団」中山靖雄先生のお言葉)
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-26 23:44

生き抜くチカラ

ある知り合いに

『生き抜く力が強い人』

というのがいる





もちろん

本人は、

そんな事は

思っていないと思います。





でも、、。





会社を転々として




ある人に誘われて

会社を経営して




そのある人を裏切るような形で

飛び出して




別の人に

スポンサーになってもらい

また会社を経営して





その人に裏切られ




自分でいろいろ始めて




失敗して




それでも、また

新しく自分で会社を

始めた人がいる。





すごくない?



このヒト



生き抜く力


強いと思いません?



この、


生き抜く力


なかなか大事です。


その人。


いま、直接連絡は取りませんが


取ろうと思えば

連絡取れます。



でも、いまは



まずは


彼なりの


自分という芯を
もって欲しいと思います。


でも思います。



生き抜く力が強いってのは

強みだな。と



どんな事があっても

ヒトは、


生きていかなくては、
いけません。


だってそれは

自分でどうこうできる話しではないから。

さだめ。だから

生きるも、死ぬも


さだめ。だから


だから


今をただ、

楽しく


今をただ、

一生懸命

生きるだけです。



それを!



不満タラタラで過ごすか



はたまた



常に改善を目指し

活き活きと過ごすか?


大きな違いです。


連絡も取っていないヒトですが


あちこちから入る


そんな情報から


いろいろ学ばせてもらいます。


ヒトの縁って


不思議ですね。


長いこと


あってもいない人でも


近況が伺える。


さらに


そんな近況から


いろいろ気づかせてもらう。




人は

知らず知らず

他人に

影響しています




良い事です。




さて、



私は

どんな影響を

与えているのかな?





聞きたいような

聞きたくないような




でもね。



たぶん、



その、



生き抜く力が強い彼も



同じだと思うけど



ただ、ただ、


一生懸命


今を生きているんだよ。


だから

輝いているんだよ。



周りが、なんと言おうとね!
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-25 23:57

新品iPhone


 iPhoneが新しくなりました。

 といっても、

 新しく買い換えたわけではありません。

 故障。。。。しました?


 
 夏ごろですかねぇ。

 ホームボタンを押しても、
 まったく反応しなくなりました。


 iPhone使っている人は
 わかると思いますが、
 
 よくある事みたいです。


 このボタン・・・・

 結構、かなめです。


 そんな時

 ある知り合いが

 「デコピンすると治るよ・・・」


 と、一言。


 うっそだぁ~と言いながら

 デコピン。

 

 治った!

 そこから、調子にのって、

 暇さえあれば、

 デコピン!

 やっとりましたデス。はい。


 ふと、年末に、ホームボタンを見ると

 ひび割れているじゃないっすか!


 あちゃぁ~~

 デコピンやりすぎた。


 と、いう事で

 しばらく

 ダマシだまし使っていたのですが

 とうとう、本格的に駄目になってきたので

 修理代を覚悟の上、

 APPLE STOREへ持って行きました。

 確か、8,000円ぐらい掛かると聞いたなぁ・・・・

 と。

 そしたら、なんと

 過去の私は偉かった!

 iPhoneに買い換えたとき、

 『apple care protection plan』

 なるものに、加入していたようで、

 「保障期間内なので、
  新品と交換させていただきます!」


 まじかーーー!

 やったーーー!



 と、いう事で

 iPhone4が出て、1年半で

 新品のiPhone4に変わりました♪


 サイコーっす。



 しかし、それにしても

 最近の精密機械は壊れやすくなったよね。




 ハードディスクの故障率とか

 パソコンの故障率とか

 かなり高くなっている気がします。


 コスト削減をしすぎて 
 あまり実績のない
 東南アジアで製造している事も
 原因のひとつとも、言われています。

 もちろん、
 精密機械自体が、
 消耗品化した。というのもあります。

 モノを大事にしよう。という発想が薄れてきている昨今。

 もっと長持ちするようなモノを作らないと駄目ですね。


 奇しくも、

 われわれも、ソフトウェアというモノを作っています。


 長く使ってもらえる
 メンテナンスすれば、ずっと使ってもらえる

 そんなソフトウェアを作り続けたいですね。
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-24 18:24

バトン

育てられた

家庭内の教えや

過去の

わずかな経験で、

自分の可能性を

マイナスのほうに

決めつけてしまうことがある。



誰もが親から

「そのサイズのドレスしか、

あなたは着れないの!」と

教え込まれて

信じています。


簡単な例で言えば

親から「失敗するな!」という

服を

着せられた人は、

失敗を恐れて

何事にも

チャレンジしない人生になる。


失敗を恐れて

新しいことに

挑戦しない人生は、

大きな失敗もしないが、

新しい出会いや、

自分の隠された可能性を

発見することもない。


また、

失敗することで

人生における経験値が増え、

その失敗から

本当の成功へ

向かうものです。


このように

親が子供の時に

「善かれ」と思って着せた

価値観というドレスは、

大人になると、

その子供を縛りつける

拘束服になる。


だから、

過去から今まで着ていた服の

サイズを採寸し直す必要がある。






僕の親は、


大丈夫だ、お前は何でもできる。
大丈夫だ、お前はやればできる。


と、良く言っていました。



テストで悪い点を、とったとき

大丈夫だ、お前はやればできる。
と言い



志望校に合格できなかったとき

大丈夫だ、別の学校でもお前のやりたい事ができる。
とか



お前にはできない、とか

やっても無駄だ、とか

そんな事は、

絶対に言わなかった。



良い親に産まれました。


僕もいま、親になり

自分の親から貰った

その力を子供に渡したい。


もちろん、

会社も家族と同じ

社員さん、
社員さんの家族にも
伝えたい。


大丈夫!

僕たちはやればできる。

大丈夫!






そんな生き方のバトンを

渡し続けたい
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-23 23:18

あるがまま

以前から

何度か書きましたが


人は、
知らず知らずのうちに
他人を
傷つけています。

でも反対に

人は人によって磨かれます。




良い相乗効果が現れている時は

良いです。


でも



いったん、

悪い相乗効果に入ると

なかなか抜けません。


良い相乗効果を産むには?


ただひとつ


相手をおもんばかる。

そんな気持ちひとつで

違う気がします。


エゴを押し付けてませんか?

力でねじ伏せていませんか?


ただ、ただ

謙虚に



ただ、ただ

怒らず


あるがままを

受け入れる。


それで良いのです。
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-20 14:48

FS

今、

社内の

ファイルサーバーの

引っ越しをしています。


さすがに、

創業して10年

かなり、溜まっています。


ただ、


いま我が社は

個人情報取扱規定を作り

セキュリティ強化を

取り組んでいます。


これを機に、

過去のプログラム資産を整理します。



整理とは、捨てる事

整頓とは、すぐに出せるようにする事


と、いう事で



まず捨てる資産

保守を結んでいない仕事
元請けじゃない仕事

つまり、残すのは

元請けの仕事と
保守を結んでいる仕事と
現在進行中の仕事。


これって、、、決めたのは良いけど、


結構、勇気入りますね〜



下請け仕事で、

元請けさんが、

きちんと資源を保管しているか?


これ、、、、


ちゃんとした会社は

もちろん保管していると思います。



でも、



あそこと、

ここと、

そこと、



下請け仕事なんだけど、

基本、丸投げ体質だから

保管してないだろうな〜っての

ありますね。


まぁ、丸投げ体質の会社が悪いのですが、、、、


実は、数年前から、

我が社は

元請けさんが、

丸投げ体質の会社の仕事は

しない!

と、決めました。


もちろん、我が社からも

丸投げはしない!



必ず、入口と出口は押さえます。


でもそれをやらないIT会社、多いよね。


いやになるよ。


だから、


そんな会社の仕事は

パッタリやめた。

やめて正解だった。



そんな会社の仕事の資産

今回、プログラム資産が

さっくり、なくなります。

さすがに怖いよね〜

でも、そこは、経営者。

勇気をもって、断行します!

(なんか、、違うな)


経営者つながりで、

一言


僕は、経営者の大事な仕事の一つに

この

止める事と、いうのがあると思う。



この商品を売るのを止める

この取引先に売るのを止める

この仕事を止める。



この、止める決断。


これが長けてる経営者が

ある意味

優秀だと思う。


そう思わない?
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-19 19:52

日常の一コマ

我が社のビルの

一階は

ラーメン屋です。


ラーメンは、

日本の国民食といわれるほど

なので

ラーメンの味について

他人と話しては、いけません。


みんな、それぞれの趣味があり

こってりが好きな人
あっさりが好きな人
醤油が好きな人
豚骨が好きな人
塩が好きな人

色々います。

だから、

どこそこのラーメン屋が

美味しいとか

不味いとか

そんな話しは

愚の極みだと思っています。


前ふりが長くなりましたが

美味しいかどうかは

議論せず、

一階のラーメン屋には

たまぁ〜に行きます。

お店の店主は

兄弟で、やられているのですが

いつも

一言、ふたこと、話しをします。

ふと、弟さんが、

「最近、在社率高いですね?」

僕「そう?」

「社員さん達も遅くまで
がんばっていますよね。
忙しいんですか?」

僕「そうだね。
ありがたいことに、忙しくて。
社員さん達も頑張ってるよね」

「このご時世に、
良い事ですね。
がんばって下さいね」


なんて、会話がありました。


なんか、


普通の世間話なんですが、


なんか、


なんとも言えず嬉しかったです。




我が社の社員さんの事まで

見てくれて、いてくれる。


(もちろん弟さんも、イヤミなくて
素直に、ふと思ったという感じでした)



なんかね。


本当、嬉しかった。


ユニオンは、

色々な人が見ていてくれている。


ユニオンで働く社員さん達も

色々な人に見守られて働いている。


それがね。


本当、嬉しかった。


そんな、

ありきたりの日常が

良いよね
[PR]

by unionsoftware | 2012-01-18 21:28