<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

この路は

いつか来た路

還る路

ただひたすらに

春を愉しむ
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-29 16:38 | つぶやき

利他と自然体

よかれと思ってやった事が


裏目に出る事がある。



逆に、



当たり前の事をしただけなのに



えらく感謝される事もある。



意外とこの世の中




あまり考えずに行動した方が

良いのかもしれない。



ただもちろん



利他の精神をもってこそ。だ





利他の精神をもって

自然体でいこう。

きっと全てが、うまくいく
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-28 18:52

ありがたい

以前

テレビで見た話を

ご紹介します。



重度の障害を持つ

女の子の話



中学生の女の子。

体の大きさは3歳ぐらい。


人の4倍のスピードで年をとっていく。


目がほとんど見えない。


耳もほとんど聞こえない。


歩くことも難しい。


そんな中

懸命に育てられているお母さんの姿


ただただ涙が止まりませんでした。


レポーターの方が、お母さんに

「なんでいつも笑顔なんですか?」



お母さんは、


「子どもは、敏感だから、

私が機嫌が悪いと、

すごく悲しい顔でオドオドしてしまう。

でも、私が笑ってると、

娘も笑う。


同じ時間を過ごすなら、

笑って楽しい時間を過ごさせてあげたい。」



「他の人の価値観はわからないけど、

私は、娘が笑ってくれるだけで

幸せを感じられるから。」

ーーーーー



素晴らしいお母さんだな〜と

思いました。

僕は

ついついちょっとしたことで、

子どもに対して、

イライラしたり、

感情的に怒鳴ってしまったり。。。。





一緒にいられること。

健康でいてくれること。

生きていてくれること。

生まれてきてくれたこと。

決して当たり前じゃないですね。


子供が産まれてくる瞬間


五体満足で産まれてくるだけで、良いから、
無事に産まれてきて欲しいと願います。


いつしか時が流れ

産まれて生きている事が

当たり前になり、

いつしか、

あぁせい、こうせいと、

もっと、もっと、を

望んでいる。

違うよね。


今、がある事が

ありがたい事

今、を、まずは受け入れないと。


ありがたいとは、

有り難いと書きます。

有る事が、難しい事。

すべては、有り難い事
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-27 23:51

弱いやつに限って


ピーチク、パーチク言うよな。




しかも、そんなやつに限って




いかに、自分が正しいのかを


あーだ、こーだ、言うよな。




本当の器って


そうじゃないよな。



もっと、どっしりと構えている人こそ


本物だと、わたしは思う。



この世の中は


とかく

声の大きい人が

正しく聞こえる。



でも、本当の本質は

見えない所に

あるんだよ。



それが、徳ってやつだよ
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-23 18:30

因果

そうか

この世の中は


淡々と



原因にたいする



結果を


実行しているだけなのだ
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-22 23:12

プロジェクト管理の心得

プロジェクト管理の心得
(ソフトウェア開発業)


計画は、絶対にずれる。
大事なのは、
いかに、ずれに敏感であるかだ。



プロジェクト管理は
ドキュメントをどれだけ作っても仕方がない。



成果物への管理検証と記録が大事だ。


さらにいえば、


成果物ができることが最優先である。



逆に成果物が先に出来てしまうと、ドキュメント管理やドキュメントの概念が薄くなる。




しかし、成果物が全くできないと、ドキュメント管理に走りがちである。
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-21 18:38

ITSS

本日


ITスキル標準セミナー


c0170233_20122092.jpg




IPAの方と



講演させて頂きました。


ありがとうございます。

このような機会をいただけた事


感謝します。










c0170233_20122334.jpg




懇親会では



金目鯛





またまた感謝
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-20 20:08

出張中

今日は


出張中です。



パチリ
c0170233_19252519.jpg




パチリ

c0170233_1925253.jpg

[PR]

by unionsoftware | 2012-02-16 19:24

自分から

良い言葉に


出会いました。



『得たいものを変えたければ

与えるものを変えればいい』




信頼されたければ
まずは自分から信頼する。



感謝されたければ
まずは自分から感謝する。



尊敬されたければ
まずは自分から尊敬する。
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-15 19:58

仕事を選ぶ人


最近、特に思う事がある。


それは


『仕事を選ぶ人が、多い!』


という事。



プログラムの開発。という仕事は


一言で、何ができれば良い。というものはない。


これが、また、ややこしくしている。



まったく経験もないのに
「WEB系のシステムがやりたくて」

まったく努力もしていないのに
「アンドロイド開発がやりたくて」


独学でも、自習でも
何でもよいので、自分でチャレンジして
「これこれ、こういうふうに技術を身に付けました。
 これを活かして、実業務に携わりたくて」

と、言って欲しいものです。


過去に、求人をしていると


記憶にあるだけで、3名ですね。


まったくの未経験ながら、
自分自身で独学で作成したプログラムを見せてくれたのは。


まさに自分プレゼンです。


そして、やはり、優秀でした。


未経験だという事を忘れて
あれこれ、多くを求めすぎて、
かわいそうな事になった人も居ましたが、
やはり、こういうタイプの人は優秀です。
どこに行っても、大丈夫だと思います。


しかし、最近は、本当に「仕事を選ぶ」人が多い。



年明けてから、いま、

うちの社内は、

社内開発が活発です。


かなりの業務負荷量になってきています。



当然、人員不足なので、パートナーさんを探しています。

社内で従事してもらうのですが



『(某T市)からだと遠いので、お断りします』

『最初の2週間は、残業なしでよいですか?』

『自分のやりたい事があるので
 (当初2ヶ月といっていましたが)
 1ヶ月だけでお願いできませんか?』

『自分には、スキル不足なので
 ご迷惑をおかけするまえに、やめておきます』

『輪番の土日対応はしたくありません』

『月1度の夜勤対応があるなら、
 その仕事は請けたくありません』


こんな感じの技術者が、立て続けに出てきました。


はぁぁぁぁぁつ!



うちの営業さんも、

最近、この手の技術者ばかりに会って

そうとう嫌気がさしている感じです。



まったく、困った世の中です。


まぁ。その人たちは、それで良いのでしょうから

そのまま一生過ごしてもらえば、かまいません。




でもね。




どっちが良いか、悪いかではなく。


どっちが得か?で考えると良いよね。




私は、独りで独立した身です。

もちろん、最初は仕事を選んではおれません。

いまでこそ、仕事を選ぼうと思えば選べます。

でも、

心情としては、

依頼がきた仕事は断りません。

そら、そうですよ。

うれしいですもの。

たとえ、力量不足かな?と思っても

一生懸命、やりますよ。

それこそ、寝食を忘れて

残業代なんていうチャチな見返りではなく

信用という

大きなものを得るためにやってきました。



結果的に


その方が、得だよね?




そして、




結果的に


お客さんの方から


そもそも、できそうにない仕事は


お願いしてくることはありません。




つまり、仕事ってのは、

選んでいては、

何も得られないのです。



最近、本当に多い「仕事を選ぶ人」

どちらが良い・悪いではなく

どちらが『得』か?


そんな観点を持って欲しいものです。


もちろん、
うちの会社には、
そんな技術者は居ませんけどね。


いや。そんな技術者は
会社の理念に沿わないので
自然と
居心地が悪くなるようで、
自然退職していきます。


だからこそ、

この経営者の理念って、

大事だなぁ。と実感
[PR]

by unionsoftware | 2012-02-14 15:12