納品

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


本日は、納品に
長久手にあるお客様を訪問。


途中、長久手古戦場に
塚を発見

c0170233_13352540.jpg


c0170233_13352596.jpg


池田恒興の長男、
池田之助 戦死の場

と書いてあります。

池田恒興といえば
ドラマの信長協奏曲で
向井理 が演技している役ですね。


なんて事を考えながら
雨の古戦場を横目に
納品に向かいました。

納品といっても、
訪問して、軽く話しをして
10分程度です。

すでに事前に(何日も前に)
ファイル送信もしてありますし
お客様のほうでも
検収確認をしてもらっていましたので、、、

お相手は技術者なので
くどくどと世間話をしても
時間を奪うだけで、
かえって迷惑でしょうし。

と、言うことで

本当に、
会って、渡して
軽く状況報告(情報交換)しあって
おわり。

片道1時間
面会10分

ひとによったら、

その時間も勿体無いよね。
なんて言うかもしれません。

実際、最近は
あちこちで合理化、合理化と

メール一本で納品を済ませたり
郵送で納品物送って終わり。とか
散見されます。

うちの営業も、
そういう所ありますので
あまり偉そうには言えないのですが

私は
それは、
大きく
間違っていると思います。

納品って、
仕事を依頼頂いた方との
最終的なコミュニケーションです。

もちろん、
継続的にお取引を頂いているので
それ以外にも会うことはあるでしょう。

でも、
そこは、やっぱり
顔と顔を付き合わせて

仕事を依頼して頂き
ありがとうございます。
の気持ちを伝えるべきですし。

またリピートになって頂くために
お客様の顔や声色、雰囲気から
自社のカイゼンを促す
そんな場であって欲しいのです。

だから、
縁あって、
私が担当したお客様には
納品は、訪問を心がけます。

東京の業者あたりになると
メールで営業案内送ってきて
メールでやりとりして
最後に請求書送ってきて
なんて形で
担当者と会うこともなく、
声を聞くこともなく
仕事が完結する事があるそうです。

そんな仕事は嫌ですね。












.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-26 13:21

子育てと働く事

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

こんな記事を見つけました。
c0170233_2113581.jpg


至極!

本質を突いてます!
アホやな、税務署。
(税務署嫌いですから)


くしくも、今日
午前中に
守山区のお客様を訪問中に
嫁さんから電話が。

末っ子が
幼稚園の遠足中(お別れ遠足)に
熱を出して倒れた。と……


慌てましたよー


3人目といえども、
子供の、
突発的な発熱、
しかも40度近い熱。

さらに、

遠足中なので
幼稚園に居るわけではなく
名古屋港水族館に
お迎えにいかなくちゃ!

幼稚園側も、
スケジュールがあるので
といっても、
どうにかせなかんわけで、
アタフタ!アタフタ!


て事で。


夫婦ともに
連絡取り合い
水族館に迎えに行き、

何かのために
私も午後から休みをして

社員さんには
随分迷惑をかけました。

でも。
お互い、困った時には
助け合えるように!
そんな精神で
今日は回ったような気がします。

こうして、
周りに助けられた。
そんな経験が
人を成長させます。
次。自分が逆の立場になったとき、
経験から、
その人をサポートします。

まさに、



情けは人のためならず

まわりまわって

自分に返る!



です。



政治・制度は
ダメダメだと思いますが
そこを
嘆いても仕方ありません。


結局、
国を作るのは

我々ひとり、ひとりの国民です。

我々ひとり、ひとりの国民が
正しい価値観をもって
助け合いの精神をもって
社会を構成すれば
政治も変わらざるを得ないと思います。

誰かをあてにするのではなく

自ら正しい事をし続ける事

これが大事だと思いました。













.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-25 21:01

ISO9001

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

c0170233_7481623.jpg


本日は、ISO9001で規定されている
内部監査を実施しました。

いつもは
経営者インタビューを終えると

あとは
現場担当者に任せるのですが、

ISO9001も、2015年改定がありますし、

品質マニュアルも
ここ2年ほど改定をしていないので

見直しを計ろうと
全プロセスの監査に同席しました。

考えてみると
初めて全プロセスに参加しました。

日頃感じている
問題箇所を
ちょいちょいインタビューに織り交ぜ
ヒアリングと
記録の確認をしていきます。

するとですね。

出てきますね。
あれこれ粗が。

現場担当者同士だと
なぁなぁで済ませてしまって
今に至ったんだな。
と、思うことも多々あり。

さらに、
年長者に対しては
よー言わん。
という雰囲気もあり。

あぁ……

人間、完璧ではないですから

どうしても規定どおり
出来ていないことは
出てきます。

が!しかし!

声を大にして言いたいのは!

素直に
受け入れる心がないと
カイゼンて、出来ない。

だから
監査する方も
される方も、

おかしいと思うことや
なんで?と、思うことは
ドンドン指摘して欲しいなー

その後の空気が悪くなるとか
その後の上下関係が悪くなるとか
そんな現場の雰囲気なら
ぶち壊してしまえ!

と、思うわけです。

とりわけ、

今回、いろいろ思うところ
噴出してきましたので

2015年改定で、コンサルいれて
ガッツリ改革に取り掛かろうと思いました。











.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-24 23:46

通勤途中にパシャり

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


通勤途中にある、お寺さん

今月も更新されていました。

c0170233_7454636.jpg


共に生き
共に生かされ
日々感謝












.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-23 07:43

ISOセミナー

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

今日は、

ISO9001の取得時に
お世話になった
コンサルタントの方が、

法人化したので

その記念セミナーに参加しました。

写真は、
その主催者の
Facebookページから借用

c0170233_18262469.jpg


ちなみに、一番後ろの
左側に写っているのが
私、青井です。(笑)

テーマは、
カイゼン!
です。

そもそもが、
ISO9001ですからねぇ

そら、カイゼン!がテーマになります。

コーチングのスキルも
織り交ぜながらの話でした。

その中で、レジュメにも載っていない

ちょっと面白い話を1つ。

コンサルタントの方の、
失敗事例らしいのですが

カイゼンの目的として
時間短縮やコストダウンを
目指すことは多いと思います。

ただ!

『 リストラに繋がるコンサルは
 必ず失敗に繋がりました。 』


なるほどぉ~と思いました。

よくよく考えたら

我々の仕事である
システム化の目的も
時間短縮や、コストダウンを
目指す事が多いわけです。

でも、

そういう開発って
大体、お客さんにとって
失敗に繋がる事。

たしかに、あるある。です。

さらに、
システム屋のせいにして

「全然、目的が達成できない!」とか
「高いお金払って意味がない!」とか

ちょぉ~~クレーマーになったりします。

さて、

それなら、どんなカイゼン活動がうまくいくのか?
いいかえるなら、どんなシステム化がうまくいくのか?

それは、カイゼンの結果として
あいた時間に「付加価値を入れる」
そんなカイゼンをしないといけない。

と言っていました。

続けて、
七つの習慣にある
Win-Winの法則の話も。

実際にワークをしました。

まず始めに
相手のWinを知ろう。という事で
次の3つを考えてみてください。

1)会社のWinは何か?
2)部下のWinは何か?
3)顧客のWinは何か?


。。。。


自分は、こう考えました。
1)会社のWin→継続と発展
2)部下のWin→安定と収入
3)顧客のWin→課題解決


そして、次に
自分のWinは何か?を考えてみてください。


。。。。


自分は
やっぱり会社の理念に繋がりましたね。

1)新しい製品サービスを世に送り出す
2)新しい市場を創造する。
3)人生で成し遂げたい夢を実現できる会社にする。


そんな流れで、

新しい製品、サービスで市場を創造し
それが顧客の課題解決につながり、
継続して発展できる会社となり
社員にとって、安定と収入が保証され
みんなが夢を実現できる会社になる事

これこそ、間違いないWin-Winの考え方だと思いました。

つまり、
今、会社で取り組んでいる
AIPOチームやLEAPチームの
チーム活動は間違っていないのですよね。
(チーム活動については昨年12月ごろのブログ参照)


と、自分を肯定する事のできるセミナーとなりました。











.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-20 18:26

浮気をしてみました

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

タイトルどおり、
浮気をしてみました。

といっても、
男と女の関係ではないです(笑)

40歳になって、
急に肌がカサカサになってきました。

脂が抜けてしまうのでしょうね。

もともと、子供の頃は
アトピーで悩まされましたし。

肌は弱いです。


そして、

ご存知のとおり、

当社では、石鹸に加えて
スキンクリームを販売しています。

ところが、少し高い!
30gで 864円

無印良品の
「敏感肌用 オールインワン美容液ジェル」
なるものは、コンビニでも売っています。
同じ30gで400円

半額かぁぁ。。。。

と、悩み、

購入(笑)←裏切りものです。

c0170233_9305235.jpg

並べてみました。


繊細な、私の肌にもぴったり合いました。
とっても良いです。←さらに裏切りものです(笑)


ところがですね。

なんというか、

あっという間になくなるんですよ。

ジェルだからだと思いますが、

たぶん1週間も持たない。
3日ぐらいでなくなる予感。

でも、TeDeのクリームは1ヶ月は持つか?持たないか?
という感じ

そうなると、

実はTeDeのスキンクリームのほうが
コスパ良いじゃん!

となりました。

ちなみに、

ジェルのほう、じゃぶじゃぶ付けてるんじゃないの?

と思われますよね?

確かに、顔だけじゃなくて
首筋、腕(二の腕、肩、上腕)、太もも、足のすね、おしり(笑)
と、全身かゆいので、
全身くまなくぬりたくっています。

でも、それはどちらも同じ事。

各部位に1回につかう量の、
写真載せましょう!

c0170233_9305241.jpg


無印良品のジェルは、
1回分はこんな感じ。


c0170233_9305399.jpg


TeDeのクリームは、
1回分はこんな感じ。


こうやって比較すると

やっぱりジェルは、
1回分が多くなりがちなのだと思います。


結果的に、
TeDeのコスパ勝ち!


単純に容量と金額の比較では
わからないものですね。


こちらでいくつか買おうと思います。
https://union-bazar.jp/products/detail.php?product_id=11

ただ、無印のジェルも
感触良いので、
両方使おうかと思っています。
...(結局、うらぎりもの)










.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-19 09:29

通信速度制限

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

昨日、Microsoft WORDが
おかしくなるトラブルに見舞われ・・・・・

ウィルス対策ソフトだ!
と、書いたわけなのですが・・・・

結局、再発し・・・・・

ちくしょーー!となりました。

しかも、WORDファイルって
結構、使うので

そもそも開けないって時点で
仕事が進みません。

マイク○ソフトの事だから、
エラーメッセージが信用なりません。

ディスク容量やメモリを増設しても
きっと治らないだろうなぁぁぁ

と踏んで、メモリを買うのは、なんとしても避けたい。

メモリ2Gのうち、1Gは使っていますが
半分の1G使っていないのに、
エラーメッセージ出るんですよ?

ハードディスクだって40G以上空いているし、
そらねぇぜ。

て、事で
Officeそのものを入れ直しました。
上書きで、再インストール

んで、、治った?ぽい。
しばらくは、これで様子を見ます。

しかし、あれですね。

トラブルに次ぐトラブル
なにかと重なるものでして。

昨日、WORDの不具合に見舞われて
後回しになっていましたが、

なぁんか、iPhoneがもっさり動作するんですよ。

なんども、なんどもメモリ解放をして
専用のツールも使っているのに
どうにも、重たい。

と!!!!思ったら!
なんと!!!!!!

c0170233_16565734.jpg


15日(日)に通信量が1日で1G超えていますがな!

どうやら、これで通信速度制限がかかっている様子。
SoftbankのMy Softbankでも確認しました。

むぅぅんん。。。

というか、、日曜日にそんな使ったかな?

確かに、1日中外出していました。
でも、さすがに1Gは使わないやろーーー

と、思っていたけど

どうやら子供が
Youtubeを見ていたようで・・・・・・

それか。。。。
うかつに子供に渡してはいかんですな

しかし、いままで

「なんだかんだ言っても
 日本って通信インフラ整ってきたなぁ」

なんて思っていましたが

さすがに通信速度制限がかかると

「使えねぇ。。。。」と感じます。

なんだかんだいっても
ITインフラって、とても大事ですよね。

最近はIoTの話題を聞くようになりましたが
IoTが進めばすすむほど、
通信インフラをもっと整えなくちゃいけません。

見えない電波が、
あちこちに飛び交うわけですねぇ。。。。

そういえば、こんな時代だからこそ、

1日 携帯電話や、通信端末を持たない日
っていうのを作ってみるのも、
良いと思います。

最初は不安で仕方ないと思いますが、
不安を感じるという事は、
もうすでにネット亡者と化しています。

1日 通信手段を絶って、
家族でどこかに出かけるとかすると、
家族の絆も深まりそうじゃありませんか?

私は是非
やってみたいですが・・・・

嫁さんが嫌がるだろうな。






.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-17 16:56

ウィルス対策

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

先週、Microsoft EXCELが
不具合起こしたブログを書きましたが・・・・・・

今朝、月曜日・・・・・

次はMirosoft WORDで、不具合が。。。。

c0170233_13462121.png


WORDファイルを開くと
「ディスクの空き容量もしくはメモリ不足のため続けられません」

正直、「またかぁ。。。もういい加減にしてくれ」
って感じでした。

メモリぃぃ?空き容量??
そこそこあるけど?と毒づいて、
色々調べましたが

そもそも、このメッセージが出ると強制終了しかできない。

それに、出るときと出ないときがある。
(ほぼ99%出るけど、
 何かタイミングが合えば、出ない)

特定のファイルだけ出るわけでもなさそう。

調べると、
「表記もれチェック」を外してとか
書いてあるけど、

OKボタンを連打するしか出来ないので
設定どうのこうのも、変えられないし・・・・

で、

結局、

ウィルス対策ソフトを切ったら

無事に開けました。

ウィルス対策ソフトか。。。。。。

いろいろ面倒くさい世の中です。







.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-16 13:54

じわじわ効果が!

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

今日は
メインバンクさん主催の
補助金活用セミナーに
参加してきました。

c0170233_18161660.jpg



革新的な事にチャレンジする
中小企業の開発費や
設備投資を手助けをする制度です。

今回の説明会で
説明された補助金では
ないのですが

当社は昨年度、
補助金を活用して
試作品開発をしました。

この経験が
現在の
新製品開発チームに
繋がっています。

国の施策なので、
どうしても
ものづくり企業向けが多いです。

設備投資を促すものが
大半なので

我々のような
人件費が、
その8割、9割を占める
業界には
活用しにくい制度でも
あります。

ただ、やはり
説明会の講師を務めた
コンサルタントの方も
仰っていましたが、

コンサルタントとして
最初に決算書を拝見し
財務内容が、
そこそこ良い企業って
うまく補助金を活用している
企業が多い。
らしいです。

当たり前の話ですけどね。

本来、先行投資で
新しい製品やサービスを開発する。
そのお金が
補助金でもらえるのだから。
しかも、返さなくて良い。

もちろん、先払いなので
自己資本や借入などの
資金調達も必要ですが、

新しい事をするのに、
お金はかかる。
しかも、それなりのお金がかかる。

それが、補助される。
→開発した新しい製品やサービスで
→→新しい製品やサービスが売れる。
→→→会社の付加価値があがる、

良い循環がまわるのは
容易に想像できます。

そして、もう一つ

実は、社内の、社員の
意識も変わります。

新しい事に果敢にチャレンジする。

もともと当社には
そういう風土が
ありました。

しかし、
昨年度の採択を受けて
より、
一層
強くなった気がします。

全社的に、
風土が広がりつつあります。

ぱっと見では
わからない
効果が表れています。

未来が楽しみです。








.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-13 18:15

壁があれば、ぶち壊せ!

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


今日は、あるコンサルタント会社の新春セミナーに参加しました。


以前所属していた経営者の交流会のメンバーも続々と参加していまして、

久々に、旧知の友人の、何人かに会うことができました。

内容は、

アベノミクスの振り返りから始まり、
消費増税の延期、
TPPの今後、
マイナンバー制度の開始の話から、

中小企業が起こすべきイノベーションに。

特に、中小企業の経営者は

(雇われ経営者ではなく、
本当の意味でのオーナー経営者)

経営者自身が連帯保証人となり、
金融機関からお金を借りているケースがほとんどなわけですから、
失敗したら、人生が終わり。

つまり、経営者の言動には
ある種の覚悟がある。

という話も。

連帯保証人になっていない、
つまり、
リスクを取っていない経営者には
なかなか理解できないと思います。

名古屋には無借金経営の会社も
結構多く、ありますから。
さらに、
社長以外はリスクを取っていない。
そんな会社も、ざらにあります。

そんな中、

やるぞ!と決めたことを
邪魔する大きな要因に

できない理由を探す。

という話が面白かったです。

できない理由を探す人。

確かに居ます。
私もよく、
『できない理由ではなく、
どうやったらできるかを考えろ。』
と、言っています。

今回は、それを理論的に話をしていました。

できない理由とは、つまり、
前提条件と、
制約条件の2種類がある。

草野球の試合で例えれば
雨が降ったら、野球の試合ができない。

これが前提条件。

人数が揃わないから、野球の試合ができない。

これが制約条件。

つまり、
前提条件は、条件が揃わないと、どうにもならないので、
ある意味、致し方ない。

ところが、
制約条件は、なんとかしようと思えば、なんとかなるでしょ?
と、いうもの。

多くの場合、
制約条件を並び立てて、

できない。できない。

と、言う。

人、モノ、カネ、情報
技術、ノウハウ、支援者、前例

これら8つの条件は、すべて制約条件でしかないのだという。

あれがないから、ダメ
これがないから、ダメ

ダメダメ言う前に、
それは制約条件なのか?
前提条件なのか?
を、考えてみると良いですよね。

そうやって考えてみると
前提条件で出来ないことって
法律で禁止されている事ぐらいしか
ないように思います。

つまり、
やろうと思えば
やれるのだ!

そうやって、

先人の経営者たちは
イノベーションを産みだしてきたのだ

もちろん、
そんな経営者の言動が

イノベーションを産みだす企業風土に繋がり、
社員さんひとりひとりが
失敗を恐れず、果敢に挑戦する!

それが良い企業風土なのだ。








.
[PR]

by unionsoftware | 2015-02-12 22:36