やっているふり

やっているふり、は、



もう要りません




これは、


下のニュースから


拾った言葉




福島原発事故に対して


福島の小中学生が

内閣府、
文科省、
保安院の役人と対峙


「場当たり的なことはやめてください!」



このニュースは、


さておき




やっているふり




あ〜



こういう人



いるね。



数日前に書いた


作業と仕事


やっているふり、は、


一生懸命作業をすれば


簡単にできる。


やっているふり


そんなのするぐらいなら、




休め。



一週間でも


一ヶ月でも


休め。




そうして


英気を養うほうが


まだ良い




ついでに言えば


無給で休むと


さらに良い


現実を知るよね。




昔の人は


良いことを言った





働かざるもの食うべからず。





世の中、


甘えが


横行している。






それで


なんとかなってしまう


今の日本


あかんぞ。





そして、


バブルを経験した


私より


6歳以上年上で


なおかつ、


団塊の世代前の人たち


50〜43ぐらいか?


この辺りの人たちの


仕事に対する姿勢も


いまいち、


ムカつく





なんだか

自分主義というか。。



もちろん

全員ではないのだろうが



産まれてきた

赤ん坊が

産まれ育った環境に

大きな影響を

受けるように。



社会に出た

年齢年代で

その社会情勢に

大きな影響を

受ける。




同じく




働くという環境において

どんな会社に

在籍したのかも

大きな影響を

受ける。



だから



うちは、



普遍的な



いち人間を


鍛える。





どんな時代


どんな仕事


どんな会社でも



通用する人間を


鍛える。




なかなか




ついて来れる人は

居ないけど、、、



甘えという意味では



最近、


自分の


改革、研磨の


ステージやスピードを


上げようと


努力している。



まだまだ


精神的な


甘えも、あるけれど。


(甘えのレベルは、
やっているふりのレベルとは
全然違うよ)




これが


このスピードが


当たり前の波に乗ったら



自己改革ができなければ

自己研磨ができなければ

自律ができなければ





脱落する人は


たくさん出るだろう





予言ではなく

預言だ。





社員、取引先含め


関わる全ての人に対して


レベルアップするだろう。




新しい出逢いもあれば

さみしい別れもあるだろう



気づいたら

周りに居る人は

着いてこれた人と

新しい出逢いで出会った人


もともと、

その高みに居た人ばかりに



なるだろう。



今、


出逢うは、


その縁



今、


別れるも


その縁




しかし、



私には、


躊躇する暇はない。




次のステージを見つけた。



そのステージに

上がるために

一心不乱に、やるだけだ



人の集合離散に

一喜一憂せず



ただ

ひたすらに



未来を見据え


コツコツと


歩くのみ




補足
とは、いえ、
嫁とは歩調を併せないとね。

ひょっとしたら
嫁のが、自分より高みに、
居るのではないか?

とも思うとき、しばしば














みんな、

頑張れよ

ついてこいよ
[PR]

by unionsoftware | 2011-08-18 10:44