人気ブログランキング |

オトナの世界

あるメルマガから

引用です。

〜〜〜

小児病棟に入院していた

「しゅんしゅん」という男の子のお話です


「しゅんしゅん」は

みんなから可愛がられ、慕われている男の子でした


彼はいつも自分の苦しみより

もっと幼い子どもを気づかう子でした


あるとき、そのしゅんしゅんに、一人の見舞い客が


「しゅんしゅんは大人になったら何になるの?」


とたずねました


病室は一瞬凍りつきます

将来がある可能性の低い子供を思って

重病の小児病棟はシーンと静まり返ります


その静けさを破る様に、しゅんしゅんは素直に答えました


「おまわりさん」


「彼ならきっと、立派な優しいおまわりさんになるだろう」


誰もがそう思いました


でもしゅんしゅんは大人になることなく


おまわりさんになる夢も果たすことなく


旅立って行きました


亡くなる前日

いつもは聞き分けの良いしゅんしゅんが

お母さんに何度もこうたずねたそうです



「ぼくの病気は治るの?


ぼく大人になって、おまわりさんになりたい…


大人になりたい」と…



その大人の世界に私達は今、

生きています


多くの人たちが何気なく過ごしているこの瞬間


それは、しゅんしゅんたちが


何としても手にしたかった…


しかし手に入らなかった…

夢の世界であり、未来の時間です


なにげなく過ごしてしまう時間

生きている事、この日常が

どれほどかけがえのないものか…


〜〜〜

しゅんしゅんは大人になるのが夢でした。

私たちは労せずして、しゅんしゅんのなりたかった大人になっています。

でもせっかくの人生を大切に生きているでしょうか?

人からしてもらうことを当然のようにして受け取り、
不平や不満を口にしては、
感謝の気持ちも表さないでいて、
私は満たされない、
つまらない、
死にたい、
という人がなんと多いことか。


今生きていること、
おいしいご飯が食べられること、
愛する家族といられること、
仕事があること、
友人がいること、
健康で一日無事に過ごせること。


全てが奇跡のようにありがたいことなのです。


〜〜〜


はっ!と、

考えさせられました。


これは、
実話です。


そうですよね。


なりたくても

なれなかった人もいる。



そんな大人の世界



嫌なことや

嫌なヒトは

確かにあるけれど、



メルマガにあるような

しゅんしゅん、達には

憧れの世界


。。。



僕たちは、

しゅんしゅんに

誇れる事を

しているだろうか?


身を改めようと


思ったメルマガでした

by unionsoftware | 2011-10-18 08:22