忙しい・時間がないは嘘

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


c0170233_2364182.jpg


ここのところ、ブログを書くという事に目がいかなくて、更新が滞っていました。

世間一般では、こういう時に
次のように言うことが多いと思う。

「忙しくてブログ書けませんでした」

「忙しくて」……

これ嘘ですよね。

同じように

「時間がなくて」

これも嘘ですよね。


私、

「忙しい」とか「時間がない」を
言い訳にする人は、

大っ嫌いなんです。

もちろん。
忙しいとか、時間がないという言葉は
使います。

でも、それを言い訳に
(だから仕方ない)とか
(だから許してね)とか
そんなことを言う人は
大っ嫌い!


ブログの更新が滞っていたのは、
ずっと頭の中にあったし、
ずっと気になっていたし、
毎日ネタがないなぁ…なんて思っていた。


ただ単に

「ブログを書く」という事に
「気を回さなかった」だけなんです。



実はこれは、
普段の仕事でも同じ事が言えます。


なにかというと
「時間がない」とか、
「忙しい」を言い訳にする人が居ます。


断言しても良いですね。

それ!嘘です。


「その気がない」だけです。



「なぜ?何?5回」と言われますが


ブログの更新が滞っていたのは
なんでだろう?
何が原因?と、
自問自答を5回繰り返しました。

そして至った結論です。




普段、本当によく聞く言葉

「忙しい」
「時間がない」


仕事をしているビジネスマンはよく使います。

子育てをしているお母さん達もよく使います。

最近は、学生ですら使います。


経営者の集まりにいくと、経営者達も頻繁に使います。



でも、

「忙しい・時間がない」は

嘘なのです。




先に誤解をされないように言っておくと


子育てをしているお母さん達の使う
「時間がない」は、
少し意味が違います。

私の周りの子育てお母さんから、
多くの支持を集めたブログがあります。

http://s.ameblo.jp/licolily/entry-11963547974.html

これによると、
子育てお母さんの「時間がない」は
次のことを指しています。

《自分の意思とは無関係に
自分のやろうとしていたこと・したかった行動を
子どもに遮られること》


私も
3人の子をもつ親ですから
同意します。

(私の場合は、
会社経営していますから
夜のお付き合いも多く
あまり家のことは構っていられません。
いまさらながら、奥さんに感謝です)


それでは話を戻して、

ビジネスマンの使う
「時間がない・忙しい」は、
どういう意味か?


やはり。それは
「その気がない」
という事に尽きると思います。



本当に時間がなかったら
食事する事もできず仕事しています。
(創業期に私は経験しました)

本当に時間がなかったら
家に帰らずに仕事しています。
(これも創業期に私は経験しました)

本当に時間がなかったら
身体を壊して病気になります。


本当に時間がなかったら
自分から言う前に、
周りの人が心配します。
(これも自他ともに経験済みです)


この4つに当てはまる場合のみ
「時間がない・忙しい」を
使って良いと思います。



でも何故か、この4つに当てはまる人は
「時間がない」とか「忙しい」を簡単には口にしません。

結果、
メンタルをやられて鬱病になるケースも見てきたので、

最後の『周りが心配する』ところが、

とても大事ですし

私の役割としても

『早期に』
『心配をする事』と、

本人もしくは、その現場に対して

『改善を実行する事』

だと思っています。


私は、本当の意味で
創業期には、時間がなくて
頭がパンク、身体もパンク
幸いにして鬱にはなりませんでしたが
何度も何度も、心も追い詰められた事があります。


そんな経験から言えるのですが

本当に時間がない時は
本人は、時間がなくて忙しい事に気付いていません。

むしろ周りの人の方が
心配していました。

なのに何故か
タイムマネジメントが
そこそこ出来るようになると

「時間がない・忙しい」を多発するようになるのです。

しかも
『断る理由』として使います。
『逃げる理由』として使います。
『やらない理由』として使います。

でも。それでは駄目なのですよ。
なにせ、私は
全責任を負っていますから。

だから。

何度でも言いますが

『時間がない・忙しい』を言い訳に

(だから仕方ない)とか

(だから許してね)とか

そういう姿勢の人は

大っ嫌い!!!

それは『その気がない』のを
言い換えているに過ぎないから。

それはもっともらしい言葉に翻訳して
『自分を正当化』しているだけだから。

そしてそれは、やらなくてはいけない現実から
『逃げている』だけだから。


みなさんも
自分が何気なく使っている言葉を
再点検してみてはいかがでしょう。



そういえば
「異性の誘いをやんわり断る方法」
というネット記事がありましたが
ココにも
「多忙をアピール」というのがありました。
「忙しい」は、やっぱり嘘ですね。















.
[PR]

by unionsoftware | 2015-04-13 23:41