iPad mini の液晶交換をやってみた

.




株式会社ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

さて、4月も半分過ぎてしまいましたが
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

随分、暖かくなりました。

週末に出かけられる人も増えてきています。

私はといえば、、、、

自宅で使っている
iPad miniの修理をしていました。

ある日、気づくと、、、、
液晶に縦線が!
c0170233_09143308.jpg


(誰か踏んずけたんか?)
(誰か投げた?落とした?)
と、いろいろ疑ったのですが

特に名乗り出る人が居るわけでもなく

自分は、iPadは、ほぼ使わないので
(iPhoneか、パソコンを使う)
「もうこれ!直さないし、買い替える気ないからな!」
と、宣言していました。

ところが、どうも最近、同級生のSNSを見ていると
iPhoneのパネル交換が流行っている。
(いや・・・流行っているわけではないけど
 結構、みんなガラス面バキバキで使っているみたいで
 自分でやったよー!とか
 自分でやれるよーー!みたいな投稿が多い)

それなら、
どうせ、もう直す気ないし
壊れても良いわ。と思い、

iPad miniの修理にチャレンジしました。

役に立ったのはこのサイト。

結果、無事に修理できましたし
液晶だけなので、amazonで4千円ぐらいで修理できました。

まずは両面テープで付いている
タッチパネルのガラス面を取ります。

ここの作業に一番気を使ってくださいという事なので
慎重にやりましたが
ドライヤーでガンガンに熱を加えても
なかなか剝がれない。

最初、上部のカメラ横を一生懸命温めて
なんとかピックが入らないかと悪戦苦闘していたのですが、

途中で気づきました。
サイド側(縦フレーム)の
薄いほうでやれば、簡単にピックを差し込めます。
c0170233_09143426.jpg


ガラス面が取れれば、あとはもう簡単

ねじ止めされている箇所を確認しながら、
液晶パネルを外す。
c0170233_09143553.jpg

c0170233_09143602.jpg


液晶パネルを交換したら
動作確認!
無事に画面が戻りました!

c0170233_09143771.jpg



やってみると簡単なものです。






.
[PR]

by unionsoftware | 2017-04-17 09:13