年度末のお仕事状況とホタテの状況

.



ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


3月も、あっという間に過ぎていく勢いですが、

この2月、3月は、【 年度末 】です。

年度末によくあるのは、
いわゆる【 駆け込み需要 】ってやつ。

弊社の決算は9月末なので、
決算に向けての駆け込みというのは、
3月にはありません。

というより、そもそもソフトウェア開発というのは
その名前の通り【 開発 】ですから、

1日、2日で何かを作るわけでは、ありません。

1か月、2カ月、、ひょっとしたら1年、数年とかけて
開発をしていくものです。

近年、開発スピードや開発の効率化も進んでいて
納期まで2カ月とか1か月という案件もあるには、ありますが
基本的には、『 計画性をもって 』 取り組むものです。

しかしながら、
あるのですよね・・・・不思議と

【 駆け込み需要 】

平たく言えば、こんなケースです。

今年度の開発予算が残っていて、
できれば使い切りたい大企業の情シス担当

3月末の年度末にリリースする予定が
まったく終わらなくて、間に合わないので
なんとかして欲しい、炎上プロジェクト

どちらも、アカンです。

へたに手を出すと、こちらも大やけどを負います。

多くのソフトウェア会社は、こんな感じで年度末を迎えていることと、察しますが

弊社は、この手のものには慎重です。
というより、まず手を出しません。

こんな仕事していたら、いいこと、ないですからねぇ。

それと、弊社はユーザー企業との直接仕事が多いので
どちらかというと、
来年度の予算獲得に向けたお手伝いとか
来年度で予算を取った案件の準備とか
そういう仕事が、この時期は多いです。

平和なものです~~

直接的にお金を生み出す仕事ではないですが、
未来の受注に向けた動きをしているので
バタバタ感はないです。

でも、こういう動きって大事ですよね。

年度末に、当年度のケツ拭きをしているようではだめです。
年度末に、次年度の準備をしている事こそ!優良企業です。


そういえば、2月、3月というのは
政府や県、市などの公的機関も、次年度予算の成立を進めています。

我々に関係するところだと、次年度の政策のなかで
どのような補助金や、どのような公共事業が出てくるのかが
明確になってきます。

弊社では、
どんな試作品を開発しようかとか、
どんな研究を実現したいかとか、
そんな事を常日頃意識しているわけですが、

次年度の補助金の公募が始まるこの時期、
この補助金を使って、これを作りたい!
そんな想いを
応募資料に書きしたためる
重要な時期になってきます。

なので、もっぱら私の仕事は、資料作成や調査・分析。
加えて、今年度の補助金での事業報告もあるので
2月から6月にかけて、
私、青井は、完全にゾーンに入って仕事しています。
(もちろん、チョイチョイ腑抜けになって息抜きしています)

という事で、今年も次年度の準備をしているのですが

情報収集中に1つ。嬉しいニュースがありました。

これ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
c0170233_12452491.png

ホタテ?

はい。ホタテです。

より細かい資料は、コチラ(PDF) です。

これは昨年度、2016年度企業連携技術開発支援事業というもので、
メイン企業であるJ-STYLEさんが、ホタテの貝殻の粉末を使った
消臭ミストや、除菌ジェルの開発をしました。

その製造と検証実験、ネット販売でモニタ募集をしたり、
という事で、弊社も少しだけお手伝いさせていただきました。

ソフトウェア開発会社としては、本業ではないのですが
弊社のネット通販サイトUNION-BAZAR があります。

そのご縁もあって、お手伝いさせていただいたわけです。


そして、昨年、この企業連携技術開発支援事業に
参加をした企業が(成果発表会に出ていただけで)5社ありました。

この5社の中で、実際に製品化して、販売まで至ったのは
J-STYLEさんの、このホタテの消臭剤だけ!という事で、
一定の効果があったと、評価いただけているとの事でした。

わが社はメイン企業でもないですし、
さらにソフトウェアとは全然関係ない仕事でしたので、
本当に、ほんとうに、お手伝いをしただけなのですが、

メイン企業さんの新製品開発に携わる事ができ
それが、公的機関ふくめ、色々な方に評価いただけている。
というのは、嬉しいものです。

仕事をする喜び?というと大袈裟かもしれませんが、
こういう小さな喜びや、小さな感謝を積み重ねて成長していくのだと思います。

もし「本業のソフトウェア開発と違うし。。。」と
ふてくされた態度で取り組んでいたら、うまくいかなかった事でしょう。

もし「うちはお手伝いだけだから。。。。」と
他人事のように取り組んでいたら、うまくいかなかった事でしょう。

やはり、どんな事でも
仕事は、社会に影響を与える意味のある事なのです。

こうやって、ユニオンイズムが社内に浸透していくのは、ワクワクします。

みなさんも、
どうせ仕事するなら、こういうワクワクする仕事をしましょうね!


さて!
話が長くなりました。
私もそろそろ、次年度に向けて、
大量の資料作成など、準備にはいりたいと思います!















.










[PR]

by unionsoftware | 2018-03-08 07:44 | 会社