4月は出会いの季節

4月は出会いの季節
.



ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


3月のブログで、
チラッとだけ、
娘の卒業式を載せました。
タイトルや内容は全然別物ですが・・・


3月は卒業で別れの季節。

一方で

4月は入学や入社で出会いの季節。

わが娘も中学生になりました。

思春期、反抗期・・・・
といいつつも、
まだツーショット写真を撮ってくれます。
とーちゃんは嬉しいです。
c0170233_17113430.jpg
という訳で

入学式に参列しましたが、

校長先生の話
新任の先生の話
学年主任の話
教務主任の話
生活指導の先生の話・・・

話、話、話・・・・長いわぁ!

と、

この手の式典につきものなのですが

座って話を聞くだけ・・・

なかなか大変です。

でも、その中で

良い事言っているな。と思ったのがありました。

帰宅と同時に、
誰が話したのかは、すっかり忘れました。

細かい前後の話も、すっかり忘れました。

でも、こんな事を言っていました。

「与えられるばかりの人間ではなく
 与えることのできる人間に成長して欲しい」
 
これ!
これですよ!
これ!

これは、常々同じことを社員さんに思っています。

子供のうちは
親や学校、先生、地域の人など
周りの人がお膳立てしてくれて、
そのなかで生きています。生きていけます。

それでも、
独りで勝手に育ったような顔をして
社会に出ていきます。

私もそうでした。

会社に入ると
最初は、あれこれ教えてくれます。
先輩社員もいます。

ところが、1年経ち、2年経ち

だんだんと、今度は、自分が後輩を教える立場になります。

与えられる事に慣れてしまっている人は
これが怖い。
これができない。
と、恐れているような気がします。

でも、
年数や経験を重ねていくと
いつまでも甘えてはいられません。

誰からも細かい指示などは出ません。
誰からも何も言われません。

自らが動き、自らが働きかけ
そして、
自らが、後輩や他人に、何を与えられるのか?に
真価が問われるようになります。


1年生は、まだしも
2年生になったとたん、
後輩ができます。


たまにいますが、
無意識的に、
こういう環境から逃げてしまう人。
・・・・・いるんです。

学校生活でも
社会人生活でも、

1年生、新入社員は、
まだ与えられる事ばかりですが

2年生からは、後輩に与える事が増えてきます。

10年生、20年生ともなれば
会社の中だけではなく
社会の中で、他者に与えて生きています。

もちろん与えているものは
物質的なものだけでなく
精神的なものもあれば、影響を与えている場合もあります。

最近話題の本
「君はどう生きるのか?」で

コペル君が見つけた
「人間分子の関係、網目の法則」と同じではないでしょうか?

人は、必ず他者との見えない関係があり
それが影響しあっているのです。

あらためて
「与えられる事に慣れるのではなく
 与える事のできる人間になって欲しい。」

全ての人に、
そうありたいと思う気持ちがあれば

とても良い世の中になりますね。

入学式で見つけた
良い言葉でした。












.



[PR]

by unionsoftware | 2018-04-06 07:11