おちょぼ稲荷

.

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

6月ですね。

もう、今年も半分…
(まだ5ヶ月しか経過していないけど)

さて、そんなおり、

昨日は知人の会社の
経営指針発表会にお呼ばれして
参加してきました。

場所は津島。

という事で
普段はあまり行かないのですが

おちょぼ稲荷(千代保稲荷)神社を参拝してきました。

千代保稲荷神社
c0170233_06113068.jpg

おちょぼ稲荷は、

商売繁盛、縁結び(縁切りもあるそうです)の神様という事で

毎月1日と15日は

深夜0時から屋台も出て賑わいます。

私が参拝したのは、
31日で、しかも大雨でしたが、
すでに夜に向けていくつも屋台が並び
準備をしていました。


もちろん商売繁盛を願ってきましたよ。
縁切りは祈願していません(笑)

私はどちらかというと
お寺より、神社派です。

お寺を回るより、神社を回る方が好きです。

お寺は、どうしても仏教から来ていますからね。
それにお香の匂いが、ちょっと・・・むせる。

神道は、八百万(やおよろず)の神様で
古事記・日本書紀が起源となっているので

古来から日本が崇拝しており、
皇室とも密接な関係がある事や

八百万、神は万物に宿る。
草木、空気や風など自然を神様の力と見立てて
すべてに感謝をする考え方。

そして、
古事記や日本書紀にでてくる神様の
なんとまぁ、、我がままで傲慢な事。

こういう点が気に入っているポイントです。

神様って、万能じゃないんですよね。
なんとも人間らしいというか、
人間よりも、自由人な感じがします。

ギリシャ神話に出てくる神様も
わがままで、傲慢ですよね(笑)

本来、人間なんてそんなものかもしれません。

人生は1度きり。

万物に感謝をして、
自分らしく生きていければ、
それで良い。

そう思った1日になりました。






.


[PR]

by unionsoftware | 2018-06-01 06:11