5月がはじまりましたね。

.


ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

今日は5月1日

今日から5月が始まりましたね。


先週、金曜日は
月に1度ある
全社員が集まる会議。

全社員会議がありました。
c0170233_14515749.jpg
わが社では、グループが3つに分かれています。

技術1グループ、技術2グループ、技術3グループ。

それぞれ、グループリーダーが
メンバーをまとめて、熱弁をふるっています。


お客さんから高い評価を得るには?
売上をあげるには?
自分自身のスキルアップを図るには?

と、

それぞれの目標に向けて
出来る事、やれる事、やりたい事を
話し合っています。

3月までの実績をチェック(CHECK)して

4月から9月の半年間
何をするべきか?(ACTION)
そのために目標にするか?(PLAN)
どのような行動にうつしていくか?(DO)

頼もしいです。

よく言われるPDCA
計画・実行・チェック・アクション(変更)は、

実は
CAPDの繰り返しだと思います。

ゼロベースの場合のみ
PDCAで良いのですが

過去、半年間を振り返って
チェック、
変えるべき事を確認して、変える(ACTION)

これが大事な事に変わりはありませんが
時間は繋がっています。

今日の自分が
明日の自分を作る。


さぁ。

4月に頑張った分
5月に芽が出る!

5月に頑張った分
6月に芽が出る!

気持ちもあらたに、
仕事をしようと思います。





















.








[PR]

by unionsoftware | 2018-05-01 14:48 | 会社

Pマークの更新審査

.

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


昨日は、

プライバシーマークの更新審査(現地審査)の日でしたので、

終日、会社に缶詰めでした(涙)

c0170233_17121918.jpg

無事に現地審査も終わりまして

しっかり運用している。という

お褒めの言葉も頂きました(嬉)


私も少し肩の荷がおりました。


というのも、


1年半ほど前に前任者が会社を去り、

Pマーク関連は、前任者のみが、
完全にグリップしてしまっていたので
誰も、詳しい事がわからない状態。

さらに、その前任者、口癖のように

「Pマーク対応があるから、
 私の工数が削られて、
 営業する時間がない」とか、

言っていましたので

(どれだけ大変なんだろう?)と・・・・・

思っていましたが、

いや!

営業する時間がなくなるほど大変ではないぞ?

むしろ、

更新審査の書類確認、提出、
そして、昨日の現地審査、、、、

書類確認と提出で1人日
現地審査に1人日。

2月から4月にかけて、3カ月の間に、
約2日ほどの時間は必要でしたが、

それだけ。

よく言えば、
前任者が、そういう仕組みを作ってくれていた。という事で
彼のおかげでもあるのかもしれませんが、

悪く言えば、
Pマーク対応を言い訳に、営業をサボっていやがったな。と。

おかげさまで、
私もPマーク運用から、更新審査の対応まで
一通りを理解しましたので、
今後も安心です。


それはさておき、

Pマーク未取得の企業から
たまに聞かれます。

『プライバシーマーク取得をすると
 書類作成とか、大変なの?』

これで堂々と答えられますね。

そんなに大変じゃない!と。

もちろん、毎年(ないし定期的に)

社員教育の実施、
内部監査の実施、
マネジメントレビューの実施
運用状況のチェック、と

やる事はありますが、

一度PDCAを回してしまえば、
そんなに大変じゃないです。

審査員の方にも言われましたが
わが社は、
上手に実業務と絡めて、運用をまわしています。

実業務をしている中で、運用に必要な記録がされていますので
わざわざ、Pマークのためだけに実施するようなものが少ないんですね。

認証を取るためだけの、実施記録とか
審査を通るためだけの、業務フローとかでは

2年に1度の審査の際に、
記録の整理やつじつま合わせを
一気にやる事になります。

そういうやり方では、
大変になるのは当たり前です。

6割、7割の企業は
審査のためのPマークになっていて
「大変だ!大変だ!」とボヤいているのでしょうね。

4月3日の記事にも書きましたが

わが社はシステム屋さんです。

いかにシステム化するか?に長けているはずです。

ルーティンワークや、定常業務を
誰もが迷うことなく、自然と出来るように
マニュアル化したり、効率化を図るのが仕事ですから。


規模にもよりますが、

優秀なシステムエンジニアは、

ISO9001やISMS、
プライバシーマークの仕組みであっても

同じように、
定常化、効率化を図る事ができます。

こういう所で、

会社の実力
(もしくは担当者の実力)を
測る事ができますね。



























.










[PR]

by unionsoftware | 2018-04-24 07:12 | 会社

なんとなくでマンガ家な気持ち

.


ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

この数週間・・・・苦しんでおります。

何に?

産みの苦しみ?
書類作成?

どう表現したらよいのか
分かりませんが

わが社は、
「未来投資」に積極的です。

つまり、
「新しい事を創造する研究開発」
なのですが、

研究開発は、
お金がかかります。

さらに!

1000万円かけて
作ったのに
全く売れない!

なんて事も
よくある事です。

マーケティングや
市場ニーズが
拾えていないと、
そうなります。

そこで、
我々のような
中小企業に
強い味方になってくれるのが、

研究開発に対する
国や官公庁の
補助金制度です。

まず、当然の事ながら
審査が厳しいです。
税金を投入しますからね。

そして、
有識者が審査をします。

つまり、
事業内容を
それなりの人が
それなりの知識や経験を持って
実現可能性を審査してくれます。

補助金に採択をされる。
という事は、

ある意味、

そういう方からの
お墨付きをもらったという事に
なります。

もちろん
補助金の主旨に
合っていないとダメですけど。

今回、応募するかどうか
悩んでいた制度があるのですが

一念発起、
挑戦しようと決めました。

愛知県の新あいち創造研究開発補助金というもの。

書類をチラっと・・・・
c0170233_17073560.jpg

これがまぁ・・・・
なかなかに手ごわい。

伝えたい事や、
書きたいことは
沢山あります。

図や、写真などを使って
表現しても良いので
それらも用意していますが、

なにぶん、、
文章は250文字以内で・・・とか
400文字以内で・・と
字数制限があります。

これが、、、、、特に、、、難しい。

先週のうちに、
とりあえず、第1版を書き上げたのですが、

あらためて冷静になって
読み返すと、

矛盾があったり、
伝えきれていなかったり

はたまた
何言っているのか、
わからなかったり・・・

書き直さなければ。と思うのですが、

パソコンを前にして
筆は進みません。。。(涙)

なんとなく
別の事を考えていたり、

なんとなく
インターネットをプラプラとみていたり

あかんやん!

ってなって
とにかく、ギリギリになって
何でも良いから書いてみる。
みたいな事になります。

2週間ほど
費やしていますが
「あぁ・・漫画家ってこんな感じなんだろうな」
と、妙に実感してしまいました。

提出期日は、3日後に迫っています。

焦る!焦る!焦る!(汗)

とはいえ、

自分の中では、
一定の期日を設けて進めてきました。

例えば
こんな感じ。

提出期日の1週間前までには、
すべて書き上げる。

提出期日の2日前(つまり明日)には提出する。

とりあえず、
1週間前までに書き上げるはクリアしました。

問題は、2日前までには提出する。。。。

いや。。。。一応ね。
書き上げてあるのでね。
提出はできるのです。

でも、
どうせなら

誰もが納得するような

採択の可能性が高い
応募資料に
仕上げたい訳です。

この最後の詰めがね・・・・

・・・・・今日1日頑張ります(涙)















.

[PR]

by unionsoftware | 2018-04-03 07:07 | 会社

入社の手続きもシステム化

.

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

昨日は、
新入社員の
初出社日でした。

初日って、
色々と
書類手続きがあるんですよね。

例えば、
新社会人になるわけですから
各自、親の扶養からはずれます。

つまり、自分の健康保険証を
持つことになるわけです。

同じように、
厚生年金にも加入します。
雇用保険にも加入します。

会社としては、
社員台帳を管理していく必要があります。
給料の振込先など、
個人の情報を管理していく必要があります。

毎年の事なので、
慣れてしまえば、
難しい事ではないのですが、

私たちは
システム屋さんです。

システム化というのは、
何もコンピュータシステムの事ではないです。
IT化の事を指している訳ではないです。

システムは、仕組み。

予め決められた
手順に従って、
物事を動かしていくための
仕組みです。

したがって、
デジタルでなくても
アナログであっても

仕組みを構築するのが
「システム化」です。

私たちは
システム屋さんです。

という事で、

わが社の入社手続きは、
これでシステム化しています。

「入社時チェックリスト」
c0170233_11034153.png
おととし(2016年)までは
新入社員さんの初日の手続きや
会社の説明は、
私(社長)自らが、やっていました。

何故って、
特に大きな理由はありませんが
なんとなく例年の流れから。

ところが、昨年
プライベートの理由により
4月の初日は、お休みを頂いたのです。

私がいない。と、なると

必然的に、誰かに頼まないといけないわけです。

その時、このチェックリストは役立ちました。

チェックリスト渡して
決められた流れをお願いすれば足りますので。

昨年は、そうやってイレギュラーながらも
初日手続きをお願いしたのですが、

特に指示した訳でもないですが
今年は、
社員さんが
初日の受入れ対応を行うのが
自然な流れになっていました。

なんか、良いですね。

少しだけ嬉しくなりました。

社員さんが、
徐々に、徐々に、
自分たちで考え
自分たちで必要な事をやってくれている。

どんどん自立していってくれています。

うん!素直に嬉しいです。


そして、私はやる事もなく
(いや、、、細かい事いえばありますよ?)

予定していた「新入社員の受入れ業務」がなくなり、
ポコっと予定が空いた1日になり
少し寂しい・・・・・・


そんな
新入社員 初出社の1日でした。









































.

[PR]

by unionsoftware | 2018-04-03 07:03 | 会社

聴覚・ろう重複センターで入社前の社員研修

.


ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


毎年、おこなっているのですが

4月入社の新入社員さん向けに

わが社と協業している、
聴覚・ろう重複センターで
研修を行いました。

わが社が運営している
販売している石鹸を
作っています。
c0170233_09152024.jpg

こちらは、ミスト
新商品ですが
四季のミスト、夏の虫よけミストを作っています。
(まるで化学実験みたいですが・・・・)
c0170233_09152393.jpg

わが社が研究開発している

手話翻訳システムは、

この「聴覚・ろう重複センター」との
協業の中で、
アイデアが生まれました。

いま、わが社が取り組んでいる
先進的な研究開発の
原点みたいなものです。

平成24年11月
ユニオン・バザールを立ち上げました。

それ以来、毎年

ユニオン・バザールで販売している
石鹸づくりを、
私たちが実際に体験しようという事で

ろう者の方々と一緒に
1日 就業体験を行っています。

平成25年03月。
記念すべき第1回は、私も参加しました。

みなさんと一緒に石鹸を作ったり
入浴剤を作ったりしたのですが

「 働く 」という事の楽しさを
強く実感しました。

当時、私は
独立・起業して10年を経て
【 なんのために働いているのだろう? 】と
悩み、鬱々としていました。

当時は、起業して10年。

毎日、毎月、毎年、

売上や受注状況を気にして
給料の支払いをして、

今月もお金が足りたとか、
今年はどうだとか、
そんな事を思う日々。

お金を稼ぐ事が仕事みたいになっていて
起業して、会社つくって
何がやりたかったんだろぅ・・・・と
本当に悩んでいた時でした。


そんな時、
本当に、ちょっとした縁があって

聴覚障害や重度障害をもった方たちの
作ったモノを売るお手伝いをする事があって、

就業体験をさせてもらって

活き活きと石鹸を作っている人達。
楽しそうに手話で会話しながら
雑談している人たち。

ムリのないように
体調を気遣いながら
休憩をはさみ、はさみしながら
作業をする人たち。

そして、自分たちが作ったモノが
売れる事を、心から喜んでいる人たち。

そんな人たちを目の当たりにしました。

自分も、
ユニオン・バザールで
その人たちの
お手伝いをしているのだと
思ったときに、

利益がどうとか
売上がどうとか、

そんなもの関係なく
単純に、やりたいからやっている。
そんな仕事に出会った気がしました。

ブログでは書ききれない事ですが

わたしの中で、大きな転機になったのは間違いありません。



もちろん経営者としては
もう少し、売れないものかね。と
利益が出ると良いのになぁと
思ったりもするのですが


いまでも、


利益を追求するばかりではない何か


自分のなかで、
「働く」という事の

意義みたいな
意味みたいな

そんな心の
拠り所が
あって良いんじゃないか。と。

そう思っています。


わが社に入社をする
新入社員さんにも

働くという事に、
何か見出してもらえればと思い
毎年、就業体験に参加してもらっています。


なかなか得られない経験を積んで
社会人としての一歩を踏み出してほしいと願います。








.

[PR]

by unionsoftware | 2018-03-23 07:15 | 会社

書類作成も立派なスキルだ!

.


ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


先週は忙しかったです。

主に書類作成!

めちゃくちゃ量が多いです!
c0170233_11132645.jpg
これが成果物のやま!
c0170233_11132718.jpg


結構なボリュームありますよね?

今年度実施した、
研究開発の

1年間分の
実績報告や、
出納記録や
もろもろ・・・・・

かなりの量です。

電子化が進む世の中ですが
お役所は、まだまだ
紙ファイルが基本です(涙)

社員さんにも
いくつか手伝ってもらいまして
なんかと、かんとか
無事に提出を終えたわけですが

年度末のこの時期
書類仕事が、わさぁぁーーー!!ってくるのが
なかなか大変です。

しかし、
この書類のファイリング。

これ。意外とあなどってはいけません。

たかが、書類をファイルに綴じるだけ。
ではないです。

沢山ある書類を

分類分けして、
分かりやすく
インデックスを付けて

探しやすいように
関連している順に
順番を並べて


と、いろいろ考える事はあります。

場合によっては
目次や、索引を作成して
なんてことをやっても良いです。

マニュアルなんてありません。

このファイリング
ある意味、立派にスキルだと思います。

いわゆる 「 雑 」な人は、
気を付けないといけません。

かつて、わが社にいましたが
プライバシーマークの責任者だった彼は

セキュリティに関わる規約や
記録などの書類を作っては
ファイリングをして残す。という事をやっていました。

退社した後、私が責任者を引き継いだのですが
この過去のファイルが・・・
まぁグチャグチャで。。。。

データにあるのに、紙ファイルに綴じてなかったり
世代管理ができていなくて、
何が最新か分からなかったり。
(結局ファイルの更新日付で把握した)
ひどかったです。
整理するのに、半月ほど要したのですが
軽く殺意もわきました。

御多分にもれず「 雑 」な人でしたけど。

この例からもわかるように

「ファイリング」を舐めてはいけません。

たかがファイリングと、いい加減にやってはいけません。

正しい分類なのか?
なぜ、その分類なのか?

インデックスは?索引は?
分かりやすいか?

自分以外の人が見て、パッとわかるか?

そんな事を考え、考えファイリングしていくのです。

これはもう、立派なスキルです。

自分の手持ち資料であっても
2年後、3年後、10年後に見ても
わかるようになっているか?

常にそういう視点で
書類整理が
できるようになりましょう。











[PR]

by unionsoftware | 2018-03-20 07:13 | 会社

会社説明会が満席につき、追加開催

.



ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


3月に入り、
コツコツとブログを更新していますが・・・・


もうこれ、公言していますが

私のブログは
採用メインで記事更新をしています。


情報発信として
読んで欲しい人は、
採用に応募を検討する方たち!

3月から新卒者採用が始まっているので
一生懸命、更新している訳です。

あざといですねぇ~~(笑)

いや、、、
あざといというより、
むしろ、目的がはっきりしている分

これを読んでいる新卒の応募検討者にとっては
中身をしっかり吟味できると思います。

私も、学生さん向けに
しっかり考えて記事を書いていますので!

さて、、

今年の採用状況は、
スタートダッシュが早いです。

3月に就職活動が解禁になりました。

わが社でも、会社説明会、入社試験と
順番にスケジュールして
開催をしているわけですが

これ。
c0170233_15482083.png
3月の会社説明会が、
14日開催と20日開催が
既に満席・・・・・

急遽追加で、
3月26日(月)と3月30日(金)にも
開催する事にしました。


会社説明会に参加いただいた方から
希望者には順に、
入社試験(筆記)と1次面接を開催していきます。

2次面接で、私が会えるのは
4月ぐらいかなぁ?と思っていましたが

思いのほか早く
3月ぐらいに2次面接が出てくるかもしれませんね。

楽しみにしています。



















.







[PR]

by unionsoftware | 2018-03-14 07:47 | 会社

新入社員の入社前研修が終了

.


ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


先日、

4月入社予定の
新入社員向けに
行っている

入社前研修が終了しました。

入社前研修とは?

内定を出して、
入社を決めてくれた学生さん向けに

10月から03月まで、

約半年間にわたり
全8回(2週間から3週間に1回程度ですかね?)
研修を実施しています。

本格的なプログラムの研修は

入社後の4月、5月に
研修を専門としている
外部機関にお願いしていますが、

その前に、

各自のスキルに応じて、
簡単なプログラムの基礎や
簡単なプログラムの課題に
取り組んでもらいます。

もちろん、
先輩社員が、付いていて
分からない所は
教えてくれます。

最終日には、
みんなの前で
成果発表を行います。

写真は先日の成果発表の様子です。
c0170233_12492825.jpg

成果発表会の後は、
簡単な打ち上げです。
c0170233_12493754.jpg
アルコールも出て、
楽しく、わいわいやっています。

内定者のみなさんも
半年間、一緒にいた講師(先輩社員)たちがいるので
若干の緊張もしながらも、
打ち解ける事ができる場だと思います。

正直、学生生活最後の半年間
何度も会社に足をはこんでもらうのは、
大変だろうなと思いますが、

この入社前研修のおかげで
内定者全員、4月1日の入社日当日は
見知った先輩が何人もいるわけです。

これは、とても安心できますよね?

毎年、入社式は
さすがに緊張のおもむきはありますが、
それでも、
新入社員さんはリラックスして
会社に来ることができています。

おかげで、
1年目、2年目、3年目の先輩たちと
とても良い関係
とても良い雰囲気が
構築されています。










.














[PR]

by unionsoftware | 2018-03-13 07:26 | 会社

古巣を訪問?

.





ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


古巣を訪問・・て別に、前職の会社を訪問した訳ではないです。

こちら!

c0170233_12560408.jpg
第2ユアサビル・・・・


にある、ラーメン屋「 維新 」

に行ってきました。
私が好きなのは、「辛そば」
c0170233_12560887.jpg
このお店、
「汁なし 担々麺」を食べている人が多い様子です。

で。なんで古巣かというと

平成24年4月まで、わが社は、この第2ユアサビルに入居していました。

平成24年4月に、
【 はじめて採用した新卒社員が会社に来る 】
という事で、今の事務所に引っ越しました。

いまの事務所に引っ越しをして、もう6年なんですねぇ。

つまり、新卒採用を初めて丸6年が経過したことになります。

さらに過去を振り返ってみると、

第2ユアサビルに入居したのが、平成20年。
ラーメン維新さんもオープン1年目ぐらいでしたかね。

ビルの1階にラーメン屋さんがあるわけで、雨の日とか、便利でした。

傘持たずに降りて行って、食べれます。
空いている時間を見計らって、いけます。
(このお店、結構、行列できます)

そんなこんなで、もちろん顔見知りになっていくわけで、
店主とその弟さんとも仲良くなり、
今でもちょいちょい、通わせていただいております。

しかし、お互い、その時から数えると
10年経つわけですね。

我々も他人ごとではないですが
ラーメン屋さんなんて競争激しいですし、
10年続けられるというのは、やはり素晴らしい事です。

私の好きな「辛そば」は昔からあるのですが
「汁なし担々麺」は、当時はなかったような気がします。

写真にうつっている「豚飯」も、
ある日突然メニューに増えていたような。

見えない努力をしているのですね。

そのむかし、30年も40年も
人気店のラーメン屋さんに聞いたことがあります。

「 流行みたいなものがあってね、
 毎年、毎年、味を変えるんだよ。
 でも、決して大きく変えない。
 お客さんが分からないように、
 少しづづ、少しづつ毎年変える。
 10年もすると一巡して、また戻る。」

【 決して分からないように 】というのが大事なのだ!と説いていました。

なるほど。と思いましたね。

派手に、ドラスティックに打ち出すのではなく
地味に、着実に、時代をつかんでいく。
という事なのでしょうね。

そして、10年ひとまわり。
10年経てば、それがうまく回っているという事なのでしょう。


話を戻すと、わが社が新卒採用を初めて6年経ちました。

それまで中途採用のみの採用から、新卒採用に舵を切ったわけです。

新卒採用で採用した人材が一人前になるまで、当然時間がかかります。
それこそ、5年かかって、やっと5年生。
10年かかって、やっと10年生。

途方もない、長い時間をかけて社員を育てていく。
そんな覚悟を決めて始めたのが、6年前。

まだ10年まで至っていませんが、
【 初心忘るべからず 】

コツコツと新卒採用者を育てていこうと思います。

おかげ様で、現在5年生の社員さんはバリバリの第一線です。

残念ながら、一番最初に入社した社員さんは
残っていませんが、
翌年入社の社員さんからは
定着していただけています。

【 人が成長する会社が、将来に向けて成長する会社 】

コツコツと行きたいと思います。















.













[PR]

by unionsoftware | 2018-03-09 07:29 | 会社

年度末のお仕事状況とホタテの状況

.



ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


3月も、あっという間に過ぎていく勢いですが、

この2月、3月は、【 年度末 】です。

年度末によくあるのは、
いわゆる【 駆け込み需要 】ってやつ。

弊社の決算は9月末なので、
決算に向けての駆け込みというのは、
3月にはありません。

というより、そもそもソフトウェア開発というのは
その名前の通り【 開発 】ですから、

1日、2日で何かを作るわけでは、ありません。

1か月、2カ月、、ひょっとしたら1年、数年とかけて
開発をしていくものです。

近年、開発スピードや開発の効率化も進んでいて
納期まで2カ月とか1か月という案件もあるには、ありますが
基本的には、『 計画性をもって 』 取り組むものです。

しかしながら、
あるのですよね・・・・不思議と

【 駆け込み需要 】

平たく言えば、こんなケースです。

今年度の開発予算が残っていて、
できれば使い切りたい大企業の情シス担当

3月末の年度末にリリースする予定が
まったく終わらなくて、間に合わないので
なんとかして欲しい、炎上プロジェクト

どちらも、アカンです。

へたに手を出すと、こちらも大やけどを負います。

多くのソフトウェア会社は、こんな感じで年度末を迎えていることと、察しますが

弊社は、この手のものには慎重です。
というより、まず手を出しません。

こんな仕事していたら、いいこと、ないですからねぇ。

それと、弊社はユーザー企業との直接仕事が多いので
どちらかというと、
来年度の予算獲得に向けたお手伝いとか
来年度で予算を取った案件の準備とか
そういう仕事が、この時期は多いです。

平和なものです~~

直接的にお金を生み出す仕事ではないですが、
未来の受注に向けた動きをしているので
バタバタ感はないです。

でも、こういう動きって大事ですよね。

年度末に、当年度のケツ拭きをしているようではだめです。
年度末に、次年度の準備をしている事こそ!優良企業です。


そういえば、2月、3月というのは
政府や県、市などの公的機関も、次年度予算の成立を進めています。

我々に関係するところだと、次年度の政策のなかで
どのような補助金や、どのような公共事業が出てくるのかが
明確になってきます。

弊社では、
どんな試作品を開発しようかとか、
どんな研究を実現したいかとか、
そんな事を常日頃意識しているわけですが、

次年度の補助金の公募が始まるこの時期、
この補助金を使って、これを作りたい!
そんな想いを
応募資料に書きしたためる
重要な時期になってきます。

なので、もっぱら私の仕事は、資料作成や調査・分析。
加えて、今年度の補助金での事業報告もあるので
2月から6月にかけて、
私、青井は、完全にゾーンに入って仕事しています。
(もちろん、チョイチョイ腑抜けになって息抜きしています)

という事で、今年も次年度の準備をしているのですが

情報収集中に1つ。嬉しいニュースがありました。

これ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
c0170233_12452491.png

ホタテ?

はい。ホタテです。

より細かい資料は、コチラ(PDF) です。

これは昨年度、2016年度企業連携技術開発支援事業というもので、
メイン企業であるJ-STYLEさんが、ホタテの貝殻の粉末を使った
消臭ミストや、除菌ジェルの開発をしました。

その製造と検証実験、ネット販売でモニタ募集をしたり、
という事で、弊社も少しだけお手伝いさせていただきました。

ソフトウェア開発会社としては、本業ではないのですが
弊社のネット通販サイトUNION-BAZAR があります。

そのご縁もあって、お手伝いさせていただいたわけです。


そして、昨年、この企業連携技術開発支援事業に
参加をした企業が(成果発表会に出ていただけで)5社ありました。

この5社の中で、実際に製品化して、販売まで至ったのは
J-STYLEさんの、このホタテの消臭剤だけ!という事で、
一定の効果があったと、評価いただけているとの事でした。

わが社はメイン企業でもないですし、
さらにソフトウェアとは全然関係ない仕事でしたので、
本当に、ほんとうに、お手伝いをしただけなのですが、

メイン企業さんの新製品開発に携わる事ができ
それが、公的機関ふくめ、色々な方に評価いただけている。
というのは、嬉しいものです。

仕事をする喜び?というと大袈裟かもしれませんが、
こういう小さな喜びや、小さな感謝を積み重ねて成長していくのだと思います。

もし「本業のソフトウェア開発と違うし。。。」と
ふてくされた態度で取り組んでいたら、うまくいかなかった事でしょう。

もし「うちはお手伝いだけだから。。。。」と
他人事のように取り組んでいたら、うまくいかなかった事でしょう。

やはり、どんな事でも
仕事は、社会に影響を与える意味のある事なのです。

こうやって、ユニオンイズムが社内に浸透していくのは、ワクワクします。

みなさんも、
どうせ仕事するなら、こういうワクワクする仕事をしましょうね!


さて!
話が長くなりました。
私もそろそろ、次年度に向けて、
大量の資料作成など、準備にはいりたいと思います!















.










[PR]

by unionsoftware | 2018-03-08 07:44 | 会社