働きかた改革法案 成立

.

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


本日、「働き方改革法案」が成立しましたね。。。。。。。



今回の、法律は大きく3点

・罰則付きの残業時間の上限規制導入
・「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」創設
・「同一労働同一賃金」の適用

2019年4月から順次・・・


まぁ、わが社の場合は
どれも、あまり大きな影響はありません。


残業時間の上限に関しては、
普段から厳しく目を光らせています。

残業30時間を超えるあたりから、
現場や取引先との調整を行っています。
最悪、その仕事からの撤退もします。


高プロに関しても、
年収1000万円以上の専門職。

正直、中小企業で
1000万円以上の年収もらっていたら
もはや役員待遇です。
高プロとして適用するまでもないです

同一労働同一賃金に関しても、
全員、無期雇用の正社員なので、
大きな問題にはならないかな?と。

とはいえ、

法改正や時代の変化に
対応していくのが、企業経営ですので
引き続き、情報収集と対応をしていきます。

しかし、この「働き方改革」という言い方
なんか、腹立ちます(笑)

実は、法案成立に先立って

先日、
労働基準監督署 主催の
「働き方改革の推進に向けた労務管理講習会」

なるものに参加しました。

当日のレジュメです。
c0170233_09303203.jpg

これがまぁ・・・・

なんとも期待を裏切る内容でした。


「働き方改革」なんてタイトルついていますが

話の100%は

【 残業を減らしましょう 】でした。

まったくお役所って奴は・・・とイラっときた内容です。




先にも書きましたが

残業時間を減らすこと=「働き方改革」

という言い方をやめて欲しい。




私の個人的な意見ではありますが

本来の働き方改革とは

戦後の労働集約的な働き方ではなく

現在のように知能労働、知的生産性を高めるための

働き方を実現する。多様な働き方を認める。方向であるべきだと思っています。


たとえば、

労働時間は開始時間、終了時間でしばるのではなく
個々人が、より高い知的生産物を生み出せる時間で働くべきだと思います。

分かりやすく言えば
会社に出社する必要もなければ
自宅で仕事する必要もない、
旅先で、アイデアを思い付いた時にドキュメントにまとめれば良い。

気分が乗らないときは、仕事をする必要ないし
気分が乗っている時は、バリバリ仕事をすればよい。

あくまでも成果物や生産物の価値を高めて、
必要なパフォーマンスを出すことが重要だと思います。

しかしながら、
旧態依然とした考えが残っていて

残業時間がどうだーーー!
残業代がどうだーーーー!

なんて声高に叫んでいるわけで、
これでは日本の経済が良くなる訳がありません。

あ!

もちろん、

無尽蔵に残業をして良いわけではないですし
残業代もきちんと支払う必要はありますよ?

そこは誤解しないで欲しいのですが

戦後、製造業中心で
モノを作るために、労働者が時間を割いて
時間と引き換えに給与をもらっていた時代と

現在は、サービス業中心で
価値を生みだすために、仕事をして
成果物の価値を引き換えに給与をもらう時代にも関わらず

成果物の価値をないがしろにして
いまだに会社には、
労働者の時間を引き換えに給与を支払うように
労務管理を求めてきています。

さらに!
さらにですが!

「働き方改革」とかマスコミや政治に踊らされて

実際に、働く従業員さん達の側も

自分自身の働いた時間を基にして
残業時間がどうだとか、
労働時間がどうだとか、
休憩時間がどうだとか、

労働者側の意識も、時間をお金に換えるという価値観が根強い。

これが、すべての元凶だと思います。

先にも書きましたが

本来は、求められるパフォーマンスや
アウトプット(成果物)が達成できれば
あとは、何しても良いはずです。

1か月の結果を1日で出したら、残り29日は、
出社する必要もないし
別の仕事をして、さらに収入を稼いでも良いでしょうし
次に役だつスキルアップの時間にあてても良いでしょう。

こういう仕組みや法案が、
本来の「働き方改革」だと思います。


しかし、、、、いかんせん。


いまの日本の法律の枠内で
やっていくほかないので、、、、、、、

悲しい現実です。


それでも、

わが社は

【 コアタイムなし の
  フレックス制度  】

を導入しています。

これは、
何時に出社しても良いし
何時に帰っても良い。

さらに!
今日は出社しない!なんて事もできる。

※もちろん、時間の管理は義務付けられていますので
 ある程度の条件を満たしてもらう必要があります。


こうやって、

わが社は積極的に、

せめて、法律の範囲内で

できる限り
高パフォーマンスを出せる仕組みづくりをしています。


※残念なのは、
 時間をお金に換える感覚の社員さんには
 この制度に理解を示してもらえない事ですかねぇ。



さて、6月も終わり。

今年も半分終わりました。

残り半年も頑張っていきたいと思います!





.


[PR]

by unionsoftware | 2018-06-29 12:33

新しい品種の米を食す

.

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。



最近のテレビドラマ(ブラック●アン)で
「日本人の体は、お米で出来ているのよ」
というセリフが出てくる。

まぁ、、米は、主食なので
あながち間違ってはいないわけだが、


ある日、突然、息子が
「なかなか手に入らないお米って知ってる?」
と問いてきた。

なんじゃ?それ。

という事で聞いてみたら、

【新之助】 というお米だとの事。

調べてみたら、

米どころ、新潟県が
新しく品種改良して作成したお米。との事。

2015年に発表、同年と翌年2016年は
試験生産と試験販売を行っていたようで
栽培数量も少なく、手に入りにくく・・・

これで人気が出たようですね。
一部では行列ができたようで・・・・
相変わらず、流行に弱い日本人です。

昨年2017年からは生産量を増やして
一般発売開始との事で、
今は普通に手に入ります。

ただ、まだちょっと割高かなぁ?と思いますが、

私は、米好き!!
これは取り寄せない訳にはいかないべ!

という事で、手に入れました(笑)
(流行に弱い日本人とか、、、、おめぇもだろって言われるね)


これが新之助
c0170233_07591450.jpg

ふっくら炊きたてで頂きます。
c0170233_07592383.jpg

食べてみての感想は、

美味しい!!

「もっちり」しています。
「やわらかい方ですが、柔らかすぎでもない」です。
そして、「粒が大きい」

なので、
もちっ!とした食感があるのですが、
噛むときは、しっかり噛み応えがあって
お腹に溜まる感じです。

(わたしゃぁ、お米 評論家か???)



ただ、
他人の美味しいは当てにならない。


もっちり、したのが良い人もいれば
あっさり、したのが良い人もいる。

やわらかい、のが良い人もいれば
かため、が好きな人もいる。


ラーメンも同じで、
他人の美味しいは当てにならない。

好みが合う・合わないで、全然違いますからね。


でも、この新之助は気に入りました。
私のお気に入りのお米は
【コシヒカリ】【ゆめぴりか】でしたが、
【新之助】が加わりました。


さて、前置きが長くなりましたが

この新之助

調べてみると
2008年から研究を開始
2017年に一般発売開始。

実に9年もの歳月をかけていますね。

お米なので、
1年に1度しか栽培できないというのもありますが

やはり研究開発は、時間とお金のかかる事業だなぁと
つくづく思ってしまいます。

それでも、研究を行う志がしっかりとあったので
つづける事ができたのでしょうね。

新之助の志は、

 新潟県全体の
 高温障害・気象災害のリスクと
 収穫作業の分散を行うために、
 晩生品種を開発する!

という事です。


新潟県では、ほとんどがコシヒカリを栽培しているので
気象条件などで、コメの育成がうまくいかないと
県内のほとんどの農家がダメージを被ることになる。

そのため、コシヒカリよりも遅く収穫期がくる
新品種を開発。


すばらしい志ですよね。


8年、9年という歳月を費やして
途方もない時間とお金を費やして
それでも、やり続ける。
そして、いつか結果を出す。

そのためには、
高い志と、このようなストーリーが必要です。


わが社の研究開発に従事するメンバーも
同じように
高い志を持っているかなぁ・・・?

これこれを解決するんだ!という
ストーリーを持っているかなぁ・・・?


以前にブログでも書きましたが
本年度は、今月、愛知県の補助事業に採択を受けて
別にもう1つ研究プロジェクトが立ち上がりました。


これからわが社の研究開発に従事するメンバーは

「ただ、研究がやりたい」という安直な気持ちではなく

「高い志とストーリー」を持って、
研究に従事してくれると
信じています。




.




[PR]

by unionsoftware | 2018-06-18 07:58

通勤途中にパシャり

通勤途中にパシャり

.


ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


※気をぬくと、更新が止まってしまいますね…

ひさびさの更新は
通勤途中にパシャりシリーズ

c0170233_07283442.jpg

明日と
云うより

今日を
大切に


ちなみに、

お寺の門前なのですが、

全景はこんな感じ。

c0170233_07291870.jpg











.

[PR]

by unionsoftware | 2018-06-14 07:27

会社説明会

.

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。


昨日は、新卒採用の会社説明会がありました。

6月に入りましたし
内定出しも一気に加速しています。

端っこから撮った写真をアップします。

参加者の背中が映っていますが・・・(ギリ許容範囲か?)
c0170233_16595130.jpg

普段、私は会社説明会には参加していません。


でも、


先日、内定を出した学生さんに

応募の理由を尋ねたら、

こんな風に。


「会社説明会の雰囲気や内容が
 他社と違っていたから」
 


?????

会社説明会が、他社と違う??


という事で、


興味本位で見学しました。


まぁ・・・・・
私からすれば、
いたって普通でしたけど・・・・・


どちらかというと
ちょっとアッサリしていませんかね??

確かに、
業界動向や
自社の立ち位置とか
自社の沿革とか
・・・・ダラダラ。長々と説明されるよりは

アッサリ、サックリ。
ポイントだけを説明して、

あとは質疑応答や、
参加者とのやり取りに時間を割く。


そんな感じでした。


採用を担当しているO山さんの雰囲気としても、


説明をして、質問に答えて終わり。ではなく

いわゆる

双方向なコミュニケーションを
重視している説明会にしようとしている様子でした。


学生さんからすると
「参加型の説明会」という印象になるのでしょうかね?

もちろん、日によって
会場の打ち解け度とか、
参加者の温度差は違うと思うので


アッサリ終わってしまう日もあれば
参加者と積極的に会話が交わされる日もあると思いますが


たぶん、、たぶんですが

こういう双方向コミュニケーションが
珍しいのでしょうね。


でも、
お互いに会話を重ねることで
会社の雰囲気も伝わるので、良い事だと思います。



2019年度新卒採用活動も、
そろそろ終盤に向かっています。

ココから先

どんな学生さんが来てくれるのか。

楽しみですね。










.









[PR]

by unionsoftware | 2018-06-05 07:59

おちょぼ稲荷

.

ユニオンソフトウェアマネイジメント 青井です。

6月ですね。

もう、今年も半分…
(まだ5ヶ月しか経過していないけど)

さて、そんなおり、

昨日は知人の会社の
経営指針発表会にお呼ばれして
参加してきました。

場所は津島。

という事で
普段はあまり行かないのですが

おちょぼ稲荷(千代保稲荷)神社を参拝してきました。

千代保稲荷神社
c0170233_06113068.jpg

おちょぼ稲荷は、

商売繁盛、縁結び(縁切りもあるそうです)の神様という事で

毎月1日と15日は

深夜0時から屋台も出て賑わいます。

私が参拝したのは、
31日で、しかも大雨でしたが、
すでに夜に向けていくつも屋台が並び
準備をしていました。


もちろん商売繁盛を願ってきましたよ。
縁切りは祈願していません(笑)

私はどちらかというと
お寺より、神社派です。

お寺を回るより、神社を回る方が好きです。

お寺は、どうしても仏教から来ていますからね。
それにお香の匂いが、ちょっと・・・むせる。

神道は、八百万(やおよろず)の神様で
古事記・日本書紀が起源となっているので

古来から日本が崇拝しており、
皇室とも密接な関係がある事や

八百万、神は万物に宿る。
草木、空気や風など自然を神様の力と見立てて
すべてに感謝をする考え方。

そして、
古事記や日本書紀にでてくる神様の
なんとまぁ、、我がままで傲慢な事。

こういう点が気に入っているポイントです。

神様って、万能じゃないんですよね。
なんとも人間らしいというか、
人間よりも、自由人な感じがします。

ギリシャ神話に出てくる神様も
わがままで、傲慢ですよね(笑)

本来、人間なんてそんなものかもしれません。

人生は1度きり。

万物に感謝をして、
自分らしく生きていければ、
それで良い。

そう思った1日になりました。






.


[PR]

by unionsoftware | 2018-06-01 06:11