8月の売上

8月の売上数字が


出ました。


なかなか良い成績です。


8月は、


営業さんが


頑張りましたね。




うちは、


完全にフルオープンな


会社です。



この経理公開 (月次のPL) は


全社員に公開しています。




今日一日は


8月の売上から



9月にしなくてはいけない事


9月にする事


9月にしたい事


8月によかった行動


結果に結びついた行動


逆に良くなかった事


などなどを、



振り返り


まとめ



経理公開資料と一緒に

A4一枚の資料に

落とし込み

全社員に回覧した




このA4一枚の資料。




実は、社長が、いま、


どんな方針をもって


何を課題として


何をやろうとしているのか


社員さんにどうなって欲しいのか、


凝縮されています。


みんなに


きちんと


響くと良いな。





補足ですが、


今の税理士さんに
変わってから


自経化されました。


おかげで
2営業日で月次の数字が出ます。


これは、強い


数字が芳しくない時
すぐに手を打てる。


経費の支出が多い時
すぐに停められる。


やはり

社長たるもの


試算表は

常に頭に叩きこんどかないとね




意外と多いらしいよ

会計がわからない社長。


あかんぞ









僕は大丈夫
[PR]

# by unionsoftware | 2011-09-05 23:23

報連相

こんな話しを聞いた





報告、連絡、相談


いわゆる


ホウレンソウ


まぁ、


だいたい


どこの会社でも


困っている






ホウレンソウがないっ!


ってね。






誰々さんが報告がない。


とか、



報告が的を得てない。


とか


ささっと
連絡してくれりゃ良いのに。



とか



もっと早く相談してよ。



とか



良く聞きがちな言葉だ








その、ある人は


言っていたよね








報告がないのは

的確な指示が出来ていないから。





連絡がないのは

どういう状態になったら

連絡するのか

きちんと伝えて居ないから。






相談がないのは

ちゃんと話しを

聞いていないから。



相談があるのですが、と、


来た部下に対して

最後は説教してませんか?





と。



最後のやつなんか、


耳が痛いよね。




でも


的を得ているよね




きちんと指示が

出ていれば




出来たのか

出来なかったのか



出来なかったなら

その理由は?



報告するべき事は

ハッキリする。



指示が曖昧だと

なにを報告したら良いのか

わからない。




連絡は

何がどういう状態になったら

連絡を入れるのか

明確にする。


いわゆる状態変化だ。



毎日15時という時間になったら、
定時連絡


とか

予定に
間に合わないのが
明らかになったら、
連絡をいれる。


とか


現場によっては


予定に間に合わない
可能性が出てきたら
連絡する。


とかね


そして、

相談には

説教をするのではなく

一緒に考えてあげよう。








ホウレンソウがないのは

部下の問題ではなく

上司の問題だ。




余談だが、、、

予定に
間に合わない可能性が
出てきたら
連絡する。



これ。。。



相手によっては


危険だね。



すーぐ
ダメだ。できない。無理。
って簡単に言っちゃうタイプの人



渡す仕事
渡す仕事



ダメです、
間に合わないかもしれません。


わからない事、多すぎて
間に合わないかもしれません。


ダメです。できない。
間に合わないかもしれません。



これは、いかんよね



自ら

自分の能力に蓋をし





自ら

周りに助けを求める事を避け



自ら

自分の評価を下げる




繰り返されれば

その人は

通用しなくなる。




ダメだ。ダメだと

言っている人には

出来れば

近寄りたくない。

マイナスオーラが出るから


すると


周りの援助も


もらえない。




むしろ



頑張っている人

なんとかしようと

明るく、頑張っている人


プラスオーラが

出るから



どうしたの?


大丈夫?


と、


周りから


声がかけられる




誰しも


プラスオーラの人と


話したいのだ。


無意識に

感じているはず。


だから


ダメだ。できない。無理。

ではなく

どうやったら出来るか?


そう思考を

変えた人には

運がある。








[PR]

# by unionsoftware | 2011-09-02 23:19

9月ですね

今日から


9月です


今年も


あと4ヶ月


はやいな〜


今年の目標。。。


達成度合いはどうでしょうか?



ん〜〜



でも、


まだ4ヶ月あります。




まだまだ間に合いますね




楽しく頑張ろうっと。
[PR]

# by unionsoftware | 2011-09-01 21:05

言う事。やる事

人は誰しも


言う事と


やっている事が



違う。




これは、


ある経営者が言っていた。



正しくは



自分の思いを


言葉に変換した時点で


理性がはいる



だから、



言っている事は立派でも


行動が伴っていない。



そんな事は


たくさんあるんだな



だから、


自分の悪いところ


自分の出来ていないところ


自分の間違っているところ


それを


客観的に


見る事が


なかなか難しい




だからこそ



友人を作るのだ



何でも言ってくれる友人


言いたい事を言い合える友人


謙虚になれる友人


友人との付き合いで


自分も知る



人は誰しも



自分を映す鏡なのだから







ね。
[PR]

# by unionsoftware | 2011-08-30 23:19

ん〜難しい

今日



ある会の集まりで




京都大学の




先生の話しを聞いた。




率直な感想





ん〜難しい。





そらそうだ



どう頑張っても




自分。。。



京都大学の頭は

持っていない




ただ、



良いなと思った事を



メモ代りに書く




地方に企業誘致をしても

本社所在地に

利益の移転が行われる。



だから



東京に

ほとんど


持っていかれる。




地域再投資型の


社会、会社を


作る必要がある。



道州制、
中京都、
大阪都、



これらは、


みな


その失敗から


産まれた発想




多くの学者・財界人は


日本は

TPPに参加するべきと


言う


しかしながら


それは



TPPに対応するべく


社会構造を


変える必要がある。



それには


痛みを伴う



(農協解体の必要性
漁協解体の必要性
民間への開放や既得権の放棄
農業や、工業の地域1局集中による 地域性の破壊
などなど)




その痛みは



やはり



地方都市が



負わされるだろう








それらを踏まえて





地域再投資型の企業へ


地域資産の活用


横の連携による
付加価値の増大



これが
肝要とな






ん〜難しい。
[PR]

# by unionsoftware | 2011-08-29 22:07